2014新車販売台数ダイハツ「タント」トヨタ「アクア」ホンダ「フィット」 販売会社と車種スズキ「カルタス」「カプチーノ」ダイハツ「ソニカ」「ネイキッド」

166bAIbAdBEgY
次の自動車を
2014年の新車販売台数が
多かった順に選びなさい
タント
アクア
フィット

038uROhIkiXEc
次の自動車を
かつて販売していた会社ごとに
グループ分けしなさい

ダイハツスズキ
カルタス
ソニカ
ネイキッド
カプチーノ

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が8日発表した昨年1年間の車名別国内新車販売台数は、ダイハツ工業の軽自動車「タント」が前年比62.1%増の23万4456台で初の首位を獲得した。前年首位のトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「アクア」を1147台という僅差で上回った。

 車名別販売で軽が首位になるのは20年のスズキ「ワゴンR」以来6年ぶり。ダイハツ車が首位となるのは初めてとなる。
> 2位の「アクア」は23万3209台。3位はホンダの主力小型車「フィット」、4位はトヨタのHV「プリウス」。
>2014年の車名別年間販売台数の上位10車種(◎は軽、単位台)

(1)タント◎ [ダイハツ]  23万4456

(2)アクア [トヨタ]    23万3209

(3)フィット [ホンダ]   20万2838

(4)プリウス [トヨタ]   18万3614

(5)N-BOX◎ [ホンダ] 17万9930
引用元: 昨年の新車販売、「タント」が初の首位 軽は6年ぶり、消費増税後に健闘 – 産経ニュース.

カルタス(Cultus )とは、スズキが1983年(昭和58年)から2002年(平成14年)にかけて製造、販売していた乗用車である。スズキが送り出した小型乗用車は、1965年(昭和40年)から1969年(昭和44年)にかけて製造・販売されたフロンテ800以来、2車種目。また、低価格からパトロールカーとして交番などによく配備された車でもある。
引用元: スズキ・カルタス – Wikipedia.

カプチーノ(Cappuccino)は、かつてスズキが生産・販売していた軽自動車。
>コーヒーの「カプチーノ」(イタリア語: シナモン入りエスプレッソコーヒー)が由来である。「小さなカップに入ったちょっとクセのあるお洒落な飲み物」というイメージを小さなオープンカーに重ねての命名である[1]。
引用元: スズキ・カプチーノ – Wikipedia.

ソニカ (SONICA) は、ダイハツ工業で生産・販売されていたハッチバック型軽自動車。
>2005年の東京モーターショーで発表された「SKツアラー」をベースとしている。“爽快ツアラー”をコンセプトとし、スペシャリティ軽カーに位置づけられ爽快で質感の高い走りを実現すると共に、低く長く身構えた新ジャンルのスタイルとクオリティの高い室内空間で、少し遠くまでのドライブを気持ち良く楽しめるクルマがソニカである。
引用元: ダイハツ・ソニカ – Wikipedia.

ネイキッド(NAKED)はダイハツ工業で生産されていた軽自動車である。
>Naked とは英語で「裸」、「むき出しの状態」、「ありのまま」を意味する言葉である。その名の通り、「むき出しの素材感」がデザインテーマとなっている。
引用元: ダイハツ・ネイキッド – Wikipedia.