「トーカイグラフィック学習帳」アピカ株式会社 元東海紙製品株式会社 「ジャポニカ学習帳」ショウワノート株式会社 ノート初の立体商標

260IREpGndria
261yBObJGooqC
小学生に親しみ深い
「ジャポニカ学習帳」の
メーカーはショウワノートですが

「トーカイグラフィック
学習帳」のメーカーは◯◯◯?
◯を答えなさい
アピカ

ショウワノート株式会社(英語表記:SHOWA NOTE Co., Ltd.)とは、主に学童向けの学習帳やテレビキャラクターを中心としたキャラクターグッズを製造・販売する文具メーカーである。本社所在地は富山県高岡市佐野、本部所在地は東京都中央区新川。
>学習帳のトップブランドとして知られる。ベルマーク運動参加商品。日本PTA全国協議会推薦商品[1]。
>当初は小学館の画家が表紙を描いていたが、1973年(昭和48年)より専属カメラマン山口進撮影による世界の珍しい動植物の写真が表紙に採用されている。1978年(昭和53年)に「世界特写シリーズ」が開始[2]。その後、昆虫が不快との苦情を受けて、2012年からは植物のみとなっている[3]。すでに1993年の「マレー諸島編」で、蝶以外の虫は表紙で扱わなくなっていたという情報もある[4]。
4・5年に一度、表紙と学習百科が変更され、同じ品種は二度と採用しないという[5]。ちなみにカメラマンの山口進は、花に女性の名前をつけて撮影しているという[6]。裏表紙には、表紙写真の解説や、学習図鑑が掲載されている。
>2014年、ノートとしては日本で初めて立体商標に登録された[7]。同年時点で学年・科目別に50種類以上のラインナップがあり、累計販売数は約12億冊[8]。11月には、小学校高学年向けの表紙に子供の顔のイラストを入れた新シリーズ「ジャポニカフレンド」を発売した。
引用元: ショウワノート – Wikipedia.

ジャポニカ学習帳のこだわり.

アピカ株式会社(英文社名 Apica Co., Ltd.)は、主に学童向けの学習帳、一般向けのノート類、レターセット、プリンタ用紙などを紙製文具全般を製造・販売する、王子製紙グループの企業。
>学習帳(スヌーピー学習帳、トーカイグラフィック学習帳など)、ノート、原稿用紙、便箋、封筒、レターセット、アドレス、プリンタ用紙、伝票、領収証、履歴書など
引用元: アピカ – Wikipedia.

1916(大正5)年3月
現アピカ(株)の前身
日本ノート製造株式会社創立
>1949(昭和24)年12月
東海紙製品株式会社設立
>1968(昭和43)年1月
トーカイグラフィック学習帳シリーズ発表
引用元: アピカ株式会社 | 企業情報 | 沿革.