「BUITONI」ブイトーニ イタリアのパスタブランド ネスレ傘下

021TFcHLbzTcw
パスタの製造で有名な
イタリアの食品メーカーです
BUITONI
ブイトーニ

ブイトーニ (伊語:Buitoni) は、イタリアの食品工業会社。1827年にイタリア、トスカーナ州ボルゴ・サンセポルクロでジュリア・ボニンセーニィ (Giulia Boninsegni)により創業した。元々はジュリアの手作りパスタから始まったのだが、二人の息子、ジュゼッペとジョヴァンニ・ブイトーニが世界的な企業へと押し上げた。1988年にはネスレの傘下となった。パッケージに描かれた「La casa buitoni(ブイトーニの家)」[1]が有名である。
引用元: ブイトーニ – Wikipedia.

ブイトーニはイタリア、トスカーナ地方で1827年創業。2世紀近い歴史がある世界的に有名なパスタブランドです。創業者はジュリア・ブイトーニという若い女性。土地を抵当に入れ唯一の財産であった真珠の首飾りを質に入れてパスタの製造器を購入し、パスタの製造を開始。その後二人の息子、ジュセッペとジョヴァンニ・ブイトーニが世界的な企業へと押し上げました。

「パスタの原料にする小麦は、デュラム・セモリナ100%でなければならない。」イタリアで、この法律が制定されたのは1967年。しかし、その 140年前からブイトーニはデュラム・セモリナ100%にこだわっていたのです。
引用元: ブイトーニのルーツ|ブイトーニ.