「熨斗」のし 慶事の贈答品につける標識 「水引」「結び切り」一度切り「花結び」何回でも良い キリスト教の香典「御霊前」「御花料」

099vRZoHPmtBx
これをなんという?
(画像出題)
のし
のしあわび

003EzPmKkIqVy
結婚祝いに使うのが良い
とされる水引の結び方は
堅結びである

線結び
次の水引の結び方とそれが用いられる行事の正しい組み合わせを選びなさい
金銀の結び切り───結婚式
紅白の花結び───入学式
黒白の結び切り───葬式

文字パネル
結婚式や葬式などで用いられる一度結んだらほどけない水引の結び方を何という?
結び切り

CIMG7056ZGf1P4qY7goh
次の香典の表書きのうち
キリスト教式の葬儀で
用いるものを全て選びなさい
御香料 仏式
御玉串料 神式
御霊前(答) キリスト教、仏式
御花料(答) キリスト教

熨斗(のし)とは、一般的には慶事における進物や贈答品に添える飾りである。ただし、元来長寿を表す鮑が使われていたため、お見舞いなどには熨斗を使う場合もある。現在では黄色い紙を長六角形の色紙で包んだ形状をしているものが多く使われる。祝儀袋等の表面に印刷された、簡略化されたものもある。しばしば水引と併用される。
なお、漢語「熨斗」は「うっと」とも読み、「熨(熱でしわをのばす)」+「斗(ひしゃく)」、即ち、昔のアイロンである火熨斗(ひのし)を指す。現代中国語でも、熨斗はアイロンを意味する。
>現代では紅白の紙を折り込んで中央に黄色の短冊状の紙が付されているものを熨斗とすることが多く、この黄色の短冊状の紙の部分が熨斗鮑を表している。折り熨斗と呼ばれる。折り熨斗には両折り熨斗や片折り熨斗などがあり、折り込まれかたによって真・行・草などに分類される。
引用元: 熨斗 – Wikipedia.

水引(みずひき)は祝儀や不祝儀の際に用いられる飾りで贈答品の包み紙などにかける紅白や黒白などの帯紐[1]。贈答品や封筒に付けられる飾り紐のことで、その形や色により様々な使い分けを行う。もしくは、飾り紐などに使われる紐。また飾り紐としてだけでなく、鶴や船などの置物や髪飾りとしても使用される。
>起源[編集]
室町時代の日明貿易において明からの輸入品の箱全てに赤と白の縄が縛り付けられていた。この縄は明側が輸出用の品を他と区別するために使用していたに過ぎなかったが、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣と誤解し、以後の日本で贈答品に赤と白の紐をかけるようになった。
水引素材[編集]
水引とは、贈り物の包み紙などにかける和紙でできたヒモのようなもので、 和紙をこより状にして(細く切った紙をよったもの)糊をひき(のりを塗る)、乾かして固めたものである。この状態のままでも使用される事も多くあるが、さらに金銀の薄紙を巻いたり、極細の繊維を巻きつけて使用する事が多い。
>花結び[編集]
蝶結びとも呼ばれる。容易に解き結びなおすことができるので、「何度あっても良い」という意味で結婚を除く祝事全般に用いる。 逆に仏事など「何度もあってはならないこと」には決して使用してはならない。間違えると常識を疑われるので注意が必要である。
>結び切り[編集]
「一度切りで繰返さない」という意味で用いる。いわゆる本結びのことで、真結びとも呼ばれる。
慶事
快気祝い – 蝶結びにすると、何度も病気になることを意味してしまう。
結婚祝い – 蝶結びにすると、離婚し再婚する事を意味してしまう。
引用元: 水引 – Wikipedia.

仏式の香典袋は、白無地か蓮の花の絵柄が入った包みに、「御霊前」・「御香料」・「御香奠(御香典)」と表書きし、白黒あるいは双銀(銀一色)の結び切りの水引をかける。
>神式では、香を用いないため香典と呼ばない。白無地の包みに、「御霊前」・「御玉串(料)」・「御榊料」と表書きし、白黒あるいは双白(白一色)の結び切り水引や麻緒(あさお)の結び切りをかける。
>キリスト教式では、教派によって多少異なるが、白無地の封筒か「御花料」の表書きや白百合・十字架などが印刷された市販の封筒を用いる。水引はかけないもしくは双銀の結び切りにする。カトリックの場合には「御ミサ料(御弥撒料)」と書かれる、という記述が書籍等で見られるが、これは全く誤りで、実際にはカトリックの通夜・葬儀で信者が主に用いるのは決して「御ミサ料」などではなく、プロテスタントなどと同様の「お花料(御花料)」である。
>どの宗教によるものか不明な場合は、白無地の包みに、「御花料」「御霊前」と表書きし、白黒あるいは双銀の結び切り水引をかけるのが無難であるとする見解もある。
引用元: 香典 – Wikipedia.