キウイ(中国原産)の品種 ヘイワード種 アボット種 ブルーノ種

162AqzJfNBLSy
次のうち
キウイフルーツの品種を
全て選びなさい
アボット(答)
ベーコン アボカド
マーシュ グレープフルーツ

ヘイワード(答)
ブルーノ(答)
スウィーティオ バナナ

キウイフルーツ(kiwifruit)は、マタタビ科マタタビ属の雌雄異株の落葉蔓性植物の果実である。また、マタタビ属のActinidia deliciosaを指して特にキウイフルーツとも呼ぶ。
1906年にニュージーランドが新しい果樹のキウイフルーツとして、中国原産のActinidia deliciosaやActinidia chinensisの品種改良に成功、1934年頃から商業栽培を開始し[2][3]、世界各国で食べられるようになった果物である。
「キウイフルーツ」という名称は、ニュージーランドからアメリカ合衆国へ輸出されるようになった際、ニュージーランドのシンボルである鳥の「キーウィ (kiwi)」に因んで1959年に命名された(果実と鳥の見た目の類似性から命名された訳ではない)[4]。
>グリーンキウイ(ヘイワード種)
普通のキウイフルーツ(ヘイワード種)の果肉は緑色を呈し、白色の果心の周囲に胡麻粒ほどの黒い種子が放射状に並んでいる。味は甘味と爽やかな酸味がある。糖質としては、還元糖であるグルコースとフルクトースが多く、糖全体の75~85%を占め、残りの15~25%がスクロースである。有機酸としては、クエン酸とキナ酸が多く、それぞれ果実質量の1%前後含む。次いで多いのがリンゴ酸で、0.2~0.3%程度含んでいる。特に未熟果では酸味が強い。また蛋白質分解酵素であるアクチニジンを含むため、食肉軟化剤としての応用や、舌苔除去タブレット(ブレオ)等への利用が行われている。果実の生食により、消化促進効果も期待されている。
>主な産地として以下がある。
イタリア[編集]
年産50万トン弱で世界最大の産地。
中華人民共和国[編集]
年産30数万トンで世界第二位の産地。
陝西省周至県 – 陝西省の生産量は20万トン以上で、中国一多く、南部の秦嶺山脈に産地が多い。西安に近い周至県では「中華獼猴桃」の名で、他の産地と比べてかなり大振りのものも作られ、名産品となっている。
河南省南陽市西峡県 – 原産地に近く、30数種と多様な栽培種があるといわれる。
湖南省
四川省
ニュージーランド[編集]
年産30万トン程度で世界第三位。
引用元: キウイフルーツ – Wikipedia.

市販されているキウイフルーツは、ほとんどがこの品種です。 ニュージーランドからの輸入物(ゼスプリ・グリーン)は5月~12月ごろ、国産の果実は11月~翌年5月ごろに出回ります。 そのため産地を問わなければ、1年中利用できます。 この品種は、果実の大きさや味、貯蔵性などのバランスに優れています。 特に貯蔵性は群を抜いており、低温で保存すれば、収穫後6ヶ月も保存できるそうです。 必要により追熟をかけて市場に出すことができるため、経済栽培品種として好適なようです。 やや緑色が薄いのが難点といえるでしょうか。
引用元: ヘイワード(Hayward).

とにかく細長いのが特徴です。 キウイの品種を見分けるのは難しいことが多いのですが、これは簡単に見分けられますね。 果肉の緑色が濃いことも特徴です。
引用元: ブルーノ(Bruno).

楕円形で、果実の大きさはやや小さ目です。 一般に甘味が強く、芯の断面が正円形のものが多いようです。
この品種は、ヘイワード種と比較して、アクチ ニジンを多く含みます。
引用元: アボット(Abbott).