ポケット・ビリヤードの球色「黃」「青」「赤」「紫」 棒「キュー」先端「タップ」 テーブル縦横比「2:1」

055AnNxfPCWSJ
次のポケット・ビリヤードに
おけるボールの色を
1番から順に選びなさい



CIMG2809RpCnunIvRLIG
CIMG2810gvldszuErEug
ビリヤードで
ボールを突くための棒を
キューといいますが

キューの先端の革製の部分を
◯◯◯という? ◯を答えなさい
タップ

CIMG2730
一般的なビリヤードの
テーブルの縦横の長さの
比率は3:1である
×
◯2:1

ビリヤード(billiards)は、室内で行われるスポーツ競技のひとつ。撞球(どうきゅう)、球撞き(たまつき)、玉突きとも呼ばれる。
>ビリヤードの起源については諸説あり、中国、イタリア、フランス、イギリス、スペインのいずれかで発明されたとされる。かつてはビリヤードは「ベルメル」と呼ばれており、中近東から戻った十字軍兵士がベルメルをヨーロッパへ持ち込んだとする説もある。また、紀元前400年頃、ギリシアの屋外スポーツで、円錐形のものへ丸い石を棒で突き当てる競技が原型という説もある。
ビリヤードは元々屋外のスポーツでクロッケー競技に似ているものだったと言われる。スペインでは「ビロルダ」というスティックでボールを転がし、2本のポールの間に入れて競技されるものが「ビラルダ」を経て、最終的に「ビリヤード」になった。
引用元: ビリヤード – Wikipedia.

ポケット・ビリヤード[編集]
エイトボール、ナインボール、ワン・ポケットなどの、テーブルにポケットが設けられているポケット・ビリヤード(プールと同義)で使用されるボールは、イギリスでは通常「ケリー・プールボール」と呼ばれる。広く世界中で使用されているこれらのビリヤードボールは、キャロム・ビリヤードで使用されるボールよりも幾分サイズが小さく、またイギリス式のビリヤードボールやスヌーカーで使われるボールよりもやや大きい。
ボールの番号と色は以下の通り。
1:黄色
2:青
3:赤
4:紫(ピンクや赤紫の場合あり)
5:オレンジ
6:緑
7:茶色
8:黒
9:黄色と白
10:青と白
11:赤と白
12:紫と白(ピンクや赤紫と白の場合あり)
13:オレンジと白
14:緑と白
15:茶色と白
手球:白(点が付いている場合あり)
引用元: ビリヤードボール – Wikipedia.