「スピン」本の上部に糊付けされた栞ひも 「腰巻」キャッチコピーを記し本の外装下部に巻く帯 『ダ・ヴィンチ』「腰巻き大賞」

092WLxoVOwCeX
本の背表紙の上部に糊付けされた
しおりの役目を果たしている紐の
ことを和製英語で◯◯◯という?
◯を答えなさい
スピン

035fYIruzESCN
新刊の本の下部に掛かっている
帯のことを俗に「◯◯」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
こしまき
「腰巻」

書籍における帯とは、本についてのキャッチコピーなどが刷られた紙。表面の一部分(通常は一番下)を覆うように巻く。本にかけたベルト(帯)のように見えるので、この呼び名がついた。
帯紙、袴、腰巻と呼ばれることもある。
>帯は、限られた小さなスペースでその本のアピールをしており、練った言葉や扇情的な言葉が使われている。色や形に凝って、派手な配色や蛍光色で目を惹くようにした帯もあり、中には表紙の高さの半分以上に渡る大きな帯もある。場合によっては予算の都合で使える色の数(というより印刷の版の数)が少ないこともあり、用紙や、表紙との兼ね合いから、デザイナーの腕の見せ所となる。帯の内容が大きく本の売り上げを引き上げることもある[1]。
引用元: 帯 (出版) – Wikipedia.

本に巻いてある帯の正式名称はなんというのか。
引用元: 本に巻いてある帯の正式名称はなんというのか。 | レファレンス協同データベース.

1994年4月6日、『ダ・ヴィンチ』は創刊しました。その媒体コンセプトは、“本から入らない本の雑誌”。例えば、装丁の美しさに惹かれて未知の著者の一冊を手にする。腰巻き(帯)のコピーに誘われて興味がなかったはずの領域に足を踏み入れる。その不意を突くような出会いを、私たちは素晴らしい出来事だと考えました。そんな思いを託し、創刊号以来、本誌の巻頭に「今月の装丁・腰巻き大賞」を連載してきました。
引用元: 装丁大賞・腰巻き大賞展 リクルートの2つのギャラリー.

スピンとは、本の背表紙の上部に直接糊付けされるか、または背表紙か花ぎれと背の間で接着される、しおりとして使用する平織りのひものことを指す。栞紐(しおりひも)ともいう。 かつては三つ編みのものもあったが費用的、技術的な制約のためか、いまでは廉価な紐が用いられる。
>和製英語であり、言葉の由来も不明であり、(存在すると仮定して)アルファベットのつづりも不明である(ただし、「spin」だとする説もないではない)。ちなみに本の背のことを英語で「spine」と呼ぶ(英語における発音は「スパイン」だがラテン語の「spīna(トゲ)」に語源を持つので、「スピン」と発音することは不自然ではない)ので、これに由来する可能性もあるだろう。
引用元: スピン (本) – Wikipedia.