「ジルバップ」大ヒットしたステレオラジカセ ソニー

042vLkyahyKQI
1977年に発売され大ヒットした
ソニーのステレオラジカセ
ジルバップ
ZILBA’P

16cmウーファーと5cmツイーターの2ウェイ4スピーカーを搭載した、発売当時のステレオラジオカセットの最高峰。左右のツイーターや中央部のLRレベルメーターが際立つようなデザインは大きな話題を呼び、「ジルバップ」の愛称でベストセラーとなりました。スピーカーの開口率を上げ、キャビネット構造は音質重視の設計を採用。操作キーをフロントに下ろすことで、コンポーネント感覚も強くアピールしています。
引用元: Sony Japan | Sony Design|History|1970s.

カタログ画像あり
当時のビデオデッキ・ビデオカメラ・TV・ステレオのカタログは沢山見つかったのですがラジカセのカタログは一つだけでした。昭和51年12月のSONY・ステレオZILBAP・CF-6500です。たしか映画「アメリカングラフィティ」がヒットして音楽やファッションに50’sなどのオールディーズが大変流行し原宿などの歩行者天国にもリーゼントやポニーテールのロックンローラーの若者がでっかいラジカセで踊っていましたね。このカタログもその雰囲気でつくられています。
引用元: CF-6500.