「手代」てだい 番頭と丁稚の間の使用人 「旦那」「番頭」「手代」「丁稚」

105LkAIiRewEt
江戸時代の商家において
番頭と丁稚の間の位だった
使用人を「◯◯」といった?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
てだい
「手代」

江戸時代の商家奉公人の身分の一つ。丁稚 (でっち) と番頭の中間身分で,丁稚を無事に勤めると 17~18歳で元服を許され手代に昇進した。番頭のもとで経理,売買,商品吟味,得意先回りなどをした。
引用元: 手代(てだい)とは – コトバンク.

手代(てだい)とは、江戸時代中期以降に、郡代・代官などの下役として農政を担当した下級役人である。地方役人(じかたやくにん)のひとつ。手付(てつけ)、手附(てつけ)など、全国的にさまざまな呼称や似た役職があった。江戸幕府の勘定奉行配下の御林奉行・蔵奉行などの下役にも手代という役職があった。また転じて、商家の従業者の地位をあらわす言葉ともなる。
本項では、郡代・代官の下級役人の手代を中心に述べる。
>商家の手代[編集]
船場商家の役職の一。 旦那、番頭、手代、丁稚の順で位が低くなる。現代の会社組織でいうと、係長や主任に相当。丁稚が力仕事や雑用が主な業務であるのに対し、手代は接客などが主要な業務であった。つまり、直接商いに関わる仕事は手代になって始めて携われるのであった。手代になると丁稚と違い給与が支払われる場合が一般的だった。
引用元: 手代 – Wikipedia.