「エキナセア」 Echinacea 欧米で風邪予防に使われているハーブ 「紫馬簾菊」

068TzJjPtnXSO
日本では「紫バレン菊」とも
呼ばれる、風の予防の
効果があるとされるハーブは?
キナエアセ
→エキナセア
Echinacea

ムラサキバレンギク(紫馬簾菊、学名:Echinacea purpurea)はキク科ムラサキバレンギク属の多年草。属名のラテン名でエキナセア(英: Echinacea)またはエキナケア(英: Echinacea)とも呼ばれる。
>北アメリカの先住民である平原インディアン(英語版)の間で、薬草として様々な用途に利用されていた[1]。欧米ではハーブティとして飲まれるほか、炎症や傷の治療にも用いられていた[要出典]。多くの人が、エキナセアには免疫力を高める効果があると信じており、風邪やインフルエンザの時に使用されている。風邪などへの効果について臨床研究の結果は、肯定的なものと否定的なものが混在している[2][3]。
引用元: ムラサキバレンギク – Wikipedia.