「ヒラニプラ」ムー大陸の首都・シャンバラの黄金都市 「レムリアンシード」レムリア大陸に因んだパワーストーン

116jcGxvZCqPD
伝説のムー王国の首都が
置かれたとされる都市
ヒラニプラ

137YunfhFcQDD
ブラジルのミナスジェライス州
などで算出され、パワーストーン
として人気が高い水晶の一種は?
アドレームンリシ
→レムリアンシード

チベット語で「幸せの源に守られた」の意。

ヒマラヤ近辺*1の奥地の秘匿された洞窟の向こう、またはゴビ砂漠遠方の地下に存在するという地下都市。楽園。シャングリラ。中央アジアに存在するとされる地底王国「アガルタ」と同一、またはその主都とされる。
>黄金都市「ヒラニプラ」*2を有し、ナチスも「ヒラニプラ」を求め世界中に調査隊を派遣した。
>*2:ムー大陸の首都ともされるため正式には不明。
引用元: シャンバラとは – はてなキーワード.

ムー大陸(ムーたいりく、英: Mu)は、ジェームズ・チャーチワードの著作によると、今から約1万2000年前に太平洋にあったとされる失われた大陸とその文明をさす。イースター島やポリネシアの島々を、滅亡を逃れたムー大陸の名残であるとする説もあった[1]。しかし、決定的な証拠となる遺跡遺物などは存在せず[2]、海底調査でも巨大大陸が海没したことを示唆するいかなる証拠も見つかっておらず、伝説上の大陸であるとされる。
>オカルティズムにおけるムー大陸[編集]
神智学系の多くの書物において、ムー大陸=レムリア大陸説が主張され、その位置については太平洋にユーラシア大陸と同位の大陸が存在したと説かれる。また、文明の指導者ラ・ムーについて言及され、彼に従った人々は沈没滅亡を免れ、日本人(及び極東)やネイティブ・アメリカンに繋がる祖先になったと説く。詳細は、レムリアを参照。
引用元: ムー大陸 – Wikipedia.

レムリアンシードは、その昔、太古の海に沈んだとされる、伝説のレムリア大陸から名付けられた水晶です。1999年から2000年の始めにかけて、まずロシアで、その後ブラジルでも発見されました。
引用元: レムリアンシードクリスタル | 天然石・パワーストーン意味辞典.

ヒーリング用にはブラジル産が最適であるとされ(※2)、ヒーラー自らブラジル・ミナスジェライス州の水晶鉱山を見学に行った折、Serra do Cabral(カブラル山脈)に属する鉱床に行き当たった。

この鉱床はColluvial Deposits(崩積鉱床)(※3)というもので、ふつう、水晶は母岩に結晶したクラスターの状態で産出するのに対し、この地の水晶は、ほとんどの水晶がバラバラの状態で地表から数メートル以内の所に胎胚されている (地層の中に埋まっている) 状態で、ほとんど露天掘りになっており、ちょうど、古代遺跡の発掘現場のようであった。

その様子を見たクリスタル・ヒーラーは、これは伝説のレムリア文明の遺跡であり、ここで採れる水晶は、レムリアの神官が使った水晶の原石であるというイメージを抱いて、この鉱床で産出される特徴のある水晶を「レムリアン・シード」と名付けた。
引用元: .