「ガボン共和国」首都リーブルビル 国花「カエンボク」 ランバレネ「シュバイツァーが没した町」風月堂のゴーフル 「オクロの天然原子炉」

149aoTkYJARTD
アフリカ大陸の国
ガボン共和国の首都は?
フーブンビュ
モジュィブル
リガールウン
→リーブルビル


アフリカ大陸の国
ブルンジ共和国の首都は?
リロドンブェ
ブニュイグー
モガデグウュ
→ブジュンブラ
引用元: 「ンクルンジザ」ブルンジの大統領 同国初の民主的選挙 首都「ブジュンブラ」 | わかればいいのに I wish I knew.

CIMG2222VaaSlWTtWtgg
アフリカの国・ガボンの
国の花です
カエンボク

CIMG2416
「密林の聖者」シュバイツァーが
アフリカ黒人の医療に一生を捧げ
没したガボンの町はどこ?
バネランレ
→ランバレネ
Lambaréné

CIMG5059SxpOWQdyLVjf
「密林の聖者」と呼ばれた
ノーベル平和賞の受賞者・
シュバイツァー博士が
大好物だった日本のお菓子は?
風月堂のゴーフル(答)
一六本舗のタルト
文明堂のカステラ
とらやの羊羹

タイピング
約20億年前に現在のガボンで形成された天然原子炉は「○○○の天然原子炉」?
オクロ

ガボン共和国(ガボンきょうわこく)、通称ガボンは、中部アフリカに位置する共和制国家。北西に赤道ギニア、北にカメルーン、南と東にコンゴ共和国と国境を接し、西は大西洋のギニア湾に面している。首都はリーブルヴィル。
引用元: ガボン – Wikipedia.

今から48年前、1965年の今日9月4日、その生涯を世界平和と医療に捧げたシュバイツァー博士が赤道直下ガボン共和国ランバレネの診療所で息を引き取った。享年90歳。
> シュバイツァー博士のもとで働いている日本人医師が、神戸で講演をした時にもらった神戸風月堂のゴーフルを、はるばるアフリカまで持ち帰ったら、シュバイツァー博士は、「今出来上がったように新鮮でおいしい」と喜んだとか。

 それを聞きつけて、風月堂の店主も何回かゴーフルをシュバイツァー博士に送ったものだから、アフリカにシュバイツァー博士を訪ねる日本人は必ずゴーフルを持参するようになったらしい。
引用元: 防災歳時記9月4日シュバイツァー博士と風月堂のゴーフル – エキサイトニュース.

大量のエネルギーを創出できる原子力発電は、制御や廃棄物処理の難しさとは切っても切り離せない関係です。エネルギー源としての原子力をいかに活用するかという観点で、自然界が生み出した原子炉である「オクロの天然原子炉」に学ぶことはなお多いと言えるようです。
>1972年、アフリカ・ガボン共和国のオクロ鉱床から産出されたウラン鉱におけるウラン235の同位体比が極端に低いことが発見され、かつてガボンを植民地支配していたフランスは、「オクロのウランを秘密裏に核兵器に流用したのではないか?」という疑いがかけられたため、この疑念を払拭するべく調査を行いました。その調査によって、希土類も含めてオクロのウラン鉱床が他の鉱床とはまったく異なる組成比を構成しており、ウラン235の減少は原子炉で起こっている現象とまったく同じことから、「オクロのウラン鉱床はかつて『天然の原子炉』であった」という結論が導かれたのが「オクロの天然原子炉」で、約20億年前から30万年間もの長期間にわたって自律的な核分裂反応が自然状態で起こっていたと考えられています。
引用元: 20億年前の地球に存在した「オクロの天然原子炉」に学ぶ原子力エネルギーエコシステムとは? – GIGAZINE.