「マンゴスチン」果物の女王 乳白色の分房した果肉

004EOsVkxPJiy
次の果物のうち
マンゴスチンはどっち?
(画像選択肢)
Aレイシ ライチ
Bマンゴスチン(答)

マンゴスチン(学名:Garcinia mangostana)はフクギ属の常緑高木。東南アジア原産。マレー語、インドネシア語ではマンギス(manggis)、タイ語ではマンクット(มังคุด)という。 果実は美味で「果物の女王」と称される。フクギ科ではもっとも利用されている種の一つ。
MANGOsteenと名称にMango(マンゴー)とあるが関連はない。
>ドリアンを「果物の王様」と呼ぶのに対し、マンゴスチンは柔らかい果肉、強い甘みとさわやかな酸味で上品な味わいのため「果物の女王」と呼ばれる。デリケートな食感を楽しむため生食が一般的だが、ジュース、ゼリー、缶詰に加工されることもある。
引用元: マンゴスチン – Wikipedia.

ライチ(広東語 lai6ji1)はムクロジ科の果樹。 レイシ(荔枝、茘枝、学名:Litchi chinensis)とも呼ばれる。1属1種。中国の嶺南地方原産で、熱帯・亜熱帯地方で栽培される。
常緑高木で、葉は偶数羽状複葉(2 – 4対の小葉からなる)で互生する。花は黄緑色で春に咲く。果実は夏に熟し、表面は赤くうろこ状(新鮮な物ほどトゲが鋭い)、果皮をむくと食用になる白色半透明で多汁の果肉(正確には仮種皮)があり、その中に大きい種子が1個ある。
引用元: レイシ – Wikipedia.