『鉄鼠の檻』『絡新婦の理』『塗仏の宴』

063ppniqgptvgp
次の京極夏彦の小説を
刊行された順に選びなさい
『姑獲鳥の夏』
『魍魎の匣』
『狂骨の夢』
『鉄鼠の檻』
『絡新婦の理』じょうろうぐものことわり
『塗仏の宴』
『陰摩羅鬼の瑕』おんもらきのきず
『邪魅の雫』
58%

062GOSYoaC
京極夏彦の小説
堤真一で映画化
柚木加菜子殺人未遂事件
武蔵野少女バラバラ殺人事件
『姑獲鳥の夏』
『鉄鼠の檻』
『狂骨の夢』
『魍魎の匣』(答)

『百物語』の順番当てにご注意下さい。

uaBRCBo
箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物――箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物(つきもの)は落とせるのか!?日本推理作家協会賞に輝いた超絶ミステリ、妖怪シリーズ第2弾。
引用元:『文庫版 魍魎の匣』(京極夏彦):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062646673

009RRTcRuqecM
次の作家・京極夏彦の小説を
刊行された順に選びなさい
『巻説百物語』
『続巻説百物語』
『後巻説百物語』
『前巻説百物語』

CIMG7116zNXqByA3WIpS

理屈っぽい独居老人・
益子徳一を主人公とする
2011年に刊行された
京極夏彦の小説は?
ンイんサオ
いおさジじ
オジいサン(答)

益子徳一、七十二歳、独身。定年後の人生を慎ましく送る独居老人の生真面目で平凡な日常を、そっとすくい上げて、覗いてみると――。可笑しくて、温かくて、すこしだけ切ない「老人小説」。
KtfncTr
引用元:オジいサン|単行本|中央公論新社 http://www.chuko.co.jp/tanko/2011/03/004209.html

『姑獲鳥の夏』(うぶめのなつ)は、京極夏彦の長編推理小説。「百鬼夜行シリーズ」の第一弾である。
京極夏彦が本作を講談社に持ち込みをしたことでメフィスト賞創設のきっかけとなったデビュー作品である。2005年に実相寺昭雄によって映画化された。
引用元:姑獲鳥の夏 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%91%E7%8D%B2%E9%B3%A5%E3%81%AE%E5%A4%8F

『魍魎の匣』(もうりょうのはこ)は、京極夏彦の長編推理、伝奇小説。百鬼夜行シリーズの第2弾。第49回日本推理作家協会賞受賞作。2007年12月22日にこれを原作とする映画が公開された。さらに、2008年10月から12月までテレビアニメが放送された。
>中禅寺秋彦(ちゅうぜんじ あきひこ)
声 – 平田広明 / 演 – 堤真一
中野で古本屋「京極堂」を営む男。親しい者からは店の屋号に因んで「京極堂」と呼ばれる。家業は宮司で、副業は拝み屋。鳥口から相談を持ちかけられ、2つの事件に関わっていくことになる。美馬坂幸四郎と面識がある。
引用元:魍魎の匣 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%8D%E9%AD%8E%E3%81%AE%E5%8C%A3

『狂骨の夢』(きょうこつのゆめ)は、京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第3作である。

>あらすじ[ソースを編集]
関口巽はある日、前回の事件の渦中で死亡した久保竣公の葬式の席で大物小説家、宇多川崇からとある相談を受ける。それは、記憶喪失の妻の、海鳴りと甦ってくる記憶と殺した夫への恐怖に関するものだった。一方その妻、宇多川朱美は自分が記憶を失う以前に、前の夫を、首を切って殺してしまったのではないかという疑団にさいなまれていた。
引用元:狂骨の夢 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E9%AA%A8%E3%81%AE%E5%A4%A2

『鉄鼠の檻』(てっそのおり)は、日本の小説家・推理作家である京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第四弾である。第9回山本周五郎賞の候補作となった[1]。
引用元:鉄鼠の檻 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E9%BC%A0%E3%81%AE%E6%AA%BB

『絡新婦の理』(じょろうぐものことわり)は、京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第五弾である。
引用元:絡新婦の理 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%A1%E6%96%B0%E5%A9%A6%E3%81%AE%E7%90%86

『塗仏の宴 宴の支度』(ぬりぼとけのうたげ うたげのしたく)は京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第六弾である。『塗仏の宴』は本作『宴の支度』と『宴の始末』との二部作となっている。
引用元:塗仏の宴 宴の支度 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%97%E4%BB%8F%E3%81%AE%E5%AE%B4_%E5%AE%B4%E3%81%AE%E6%94%AF%E5%BA%A6

『陰摩羅鬼の瑕』(おんもらきのきず)は、京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第8弾である。
引用元:陰摩羅鬼の瑕 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B0%E6%91%A9%E7%BE%85%E9%AC%BC%E3%81%AE%E7%91%95

『邪魅の雫』(じゃみのしずく)は、講談社から発行されている京極夏彦の長編推理小説・妖怪小説。百鬼夜行シリーズ第九弾である。
講談社からは2005年9月に発売と発表されたが、作者には連絡をせずに講談社が無断で発表したことだった。その時点では原作が未完成で、結局発売は1年ほど延期された。
単行本は通常版に加え、本作の舞台となった大磯・平塚地区限定で特別装丁版が発売された。
引用元:邪魅の雫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%82%AA%E9%AD%85%E3%81%AE%E9%9B%AB

『巷説百物語シリーズ』(こうせつひゃくものがたりシリーズ)は、京極夏彦による時代小説のシリーズ。第1作『巷説百物語』が1997年より季刊妖怪マガジン『怪』(角川書店)に掲載され、1999年から『続巷説百物語』、2001年から『後巷説百物語』、2004年から『前巷説百物語』、2007年から『西巷説百物語』が同誌にて連載された。
>『巷説百物語』『続巷説百物語』は、御行の又市らの暗躍を、偶然彼らの仕掛に巻き込まれた後、彼らに深く関わってゆく戯作者志望の若者・山岡百介を中心にして描く。続く『後巷説百物語』では、維新を経て明治に時代が変わり、巷で騒がれる奇妙な事件を解決しようとする4人の男たちと、彼らに知恵を貸す「一白翁」こと山岡百介の昔語りで物語は進む。そして『前巷説百物語』は、山岡百介と出会う前の又市たちの話である。
引用元: 巷説百物語シリーズ – Wikipedia.

江戸時代。曲者ぞろいの悪党一味が、公に裁けぬ事件を金で請け負う。そこここに滲む闇の中に立ち上るあやかしの姿を使い、毎度仕掛ける幻術、目眩、からくりの数々。幻惑に彩られた、巧緻な傑作妖怪時代小説。
引用元: 巷説百物語: 文庫: 京極夏彦 | KADOKAWA-角川書店・角川グループ.