【どんぶり】腹掛けのポケット

いい加減な会計を表す
「どんぶり勘定」とは、そば屋が
代金をどんぶりの中に無造作に
入れていたことに由来する
×(答)
54%

どんぶり‐かんじょう〔‐カンヂヤウ〕【丼勘定】
細かく計算などをしないで、おおまかに金の出し入れをすること。昔、職人などが、腹掛けのどんぶりから無造作に金を出し入れして使ったことからいう。
引用元:丼勘定とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%BC%E5%8B%98%E5%AE%9A-586821

腹掛け(はらがけ)は、日本の衣装の一つである。胸当て付きの短いエプロンのような形状で、背中部分は覆われておらず、紐を背中で交差させることによって体に密着させる。腹部には「どんぶり」と呼ばれる大きなポケットが付いており、腹掛けそのものをどんぶりと呼ぶこともある。古くは火消し、大工、商人などが着用していた。素肌の上にそのまま着用することもあれば、着物の上から着用することもある。

在は祭りの衣装として、また観光地などの人力車の車夫の衣装などとして使用されていることがある。地域によって、どんぶり、寸胴、前掛けなどの呼び方がある[1]。

「どんぶり勘定」という言葉は、腹掛けについているポケット「どんぶり」に由来する。米屋、魚屋などの商人が腹掛けのポケット「どんぶり」に入っている銭を無造作に扱い、おおざっぱに計算する様子から、おおざっぱに勘定することを「どんぶり勘定」というようになったといわれている[2]。
引用元:腹掛け – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%85%B9%E6%8E%9B%E3%81%91