『「空腹」が人を健康にする』南雲吉則

102EdIZnvxass
2012年にベストセラーとなった
医師・南雲吉則の著書は
『「◯◯」が人を健康にする』?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
くうふく
『空腹が人を健康にする』

キューブ
老化要因を抑制する働きが注目されているのは「○○○○○○遺伝子」?
サーチュイン
「サーチュイン遺伝子」

南雲 吉則(なぐも よしのり、1955年8月1日 – )は、日本の医師。博士(医学)。乳腺専門医。[1]
>東京慈恵会医科大学卒業、東京女子医大形成外科、癌研究会付属病院外科、慈恵医大学第一外科乳腺外来医長を経て、乳房専門のナグモクリニックを開業。
>40代半ばまでは実年齢より老けて見られるメタボリック体型であったが、独特の健康法を実行して15kgのダイエットと50代にして30代に見られるほどのアンチエイジングに成功[2]。近年はこの関係の著書がベストセラーになり、男女を問わず知名度が高まり、一部では「アンチエイジングの貴公子」とも呼ばれている。
引用元: 南雲吉則 – Wikipedia.

「空腹」が人を健康にする
「一日一食」で20歳若返る!
>近年話題になっている「サーチュイン遺伝子」。人間の生命力を司るこの遺伝子のスイッチをオンにするための条件が「空腹」。つまり空腹時でないとこの遺伝子は作動しないのだ。ところが現代人の生活は、お腹がすかなくても時間になれば食事をしてしまう。そんな飽食に対して人間の体は対応できるようにはつくられていないため、様々な弊害を引き起こしているのだという。
引用元: 書籍の詳細|サンマーク出版.