【並行世界】ジョンバール分岐点

悪の帝国ギロンチ
主人公はデニス・ランニング
ジョンバール分岐点
作者はジャック・ウィリアムス
『時間に忘れられた国』
『きみがぼくを見つけた日』
『エンダーのゲーム』
『航時軍団』(答)
51%

005jyFDZVv
恐竜と原始人が住む世界
造園技師ボウエン・タイラー
謎の島キャスパック
作者はE・ライス・バローズ
『エンダーのゲーム』
『時間に忘れられた国』(答)
『きみがぼくを見つけた日』
『航時軍団』
引用元:『時間に忘れられた国』キャスパックシリーズ バローズのSF小説 タイラー技師が隔離島の太古世界へ https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/19930/


日本のSF作家
海外のSFを翻訳
日本テレワークの元社長
ガチャピンのモデル
野田昌宏(答)

『航時軍団』(こうじぐんだん、The Legion of Time)は、ジャック・ウィリアムスンが1938年に発表したSF小説。「アスタウンディング・サイエンス・フィクション」誌1938年5月号から8月号の3回に渡り連載された。連載時の触れ込みは“新しい概念の時間小説(ニュー・コンセプト・タイム・ストーリー)”。

パラレルワールドの概念を発展させ、時間旅行者の介在がなくとも歴史上の重要なポイントで時間軸が分岐し、世界が枝分かれして元の世界と平行した別の世界が生まれているという解釈を初めてメインプロットとして扱った作品(ただし、内容そのものはありがちで通俗的な冒険物である)。

本作から平行世界の分岐点を意味する「ジョンバール分岐点(en:Jonbar Hinge)」というSF用語が生まれた。
引用元:航時軍団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%AA%E6%99%82%E8%BB%8D%E5%9B%A3

ジョンバール分岐点(ジョンバールぶんきてん、英: Jonbar hinge 、英: Jonbar pointとも)は、SFの用語である。

特にタイムトラベルに関する物語において、歴史上の重要な一点で時間軸が分岐し、世界が枝分かれして元の世界と平行した別の世界が生まれているという解釈を基に、パラレルワールドが生まれる瞬間を指す。

この用語は、量子力学の考え方に基づいた可変の未来という発想を元に、史上最初に書かれたとされるSF小説ジャック・ウィリアムスンの「航時軍団」(The Legion of Time、1938年[1])に由来する。

物語本編内では、平穏なユートピア社会「ジョンバール」(Jonbar)とカルト教団的な専制君主が支配するうえ、最後に支配者同士の対戦が原因で人類が絶滅する「ギロンチ」(Gyronchi)という二つの未来世界が存在し、両者とも人間の意志で原子エネルギーを制御・開放する「ダイナト(Dyna Atomic Tensor、原子力学的張律と訳される)/ギレーヌ[注釈 1]」という新技術[注釈 2]を基に世界が発展したことは同じだが、この技術の発見者が以下のような小さなことで別人となり、それによって全く異なる世界と化している。
引用元:ジョンバール分岐点 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%88%86%E5%B2%90%E7%82%B9