『落日燃ゆ』城山三郎『山河燃ゆ』大河ドラマ『金足農業、燃ゆ』中村計

宇佐美りんの小説『推し、燃ゆ』
の書き出しは「推しが燃えた。
ファンを◯◯たらしい。」?
ひらがな3文字で答えなさい
なぐっ(答)
62%

単行本
オシモユ
推し、燃ゆ
宇佐見 りん 著

【第164回芥川賞受賞作】

「推しが燃えた。ファンを殴ったらしい」
引用元:推し、燃ゆ :宇佐見 りん|河出書房新社 https://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309029160/

引用元:「推しが燃えた。」「推しは命にかかわるからね」──芥川賞受賞&2021年本屋大賞ノミネート! 宇佐見りん『推し、燃ゆ』大量試し読み40ページ分無料公開!|Web河出 https://web.kawade.co.jp/bungei/3741/

『落日燃ゆ』(らくじつもゆ)は、城山三郎の小説。1974年に新潮社から単行本が刊行され、1986年に新潮文庫に収録された。A級戦犯に指定され、東京裁判で有罪か無罪かで賛否両論となり、唯一文官として絞首刑となった元首相・広田弘毅の生涯を描いた物語である。

第28回毎日出版文化賞と第9回吉川英治文学賞を受賞している。1976年にはNETテレビ(現・テレビ朝日)で、2009年には再びテレビ朝日でテレビドラマ化された。
引用元:落日燃ゆ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E6%97%A5%E7%87%83%E3%82%86

『二つの祖国』(ふたつのそこく)は、真珠湾攻撃から東京裁判まで日米間の戦争に翻弄された日系アメリカ人二世の姿を描いた山崎豊子の小説である[1]。

シベリア抑留を描いた『不毛地帯』、日本人中国残留孤児をテーマにした『大地の子』と合わせて、山崎豊子の「戦争三部作」と呼ばれている[1]。

1984年にNHK大河ドラマ『山河燃ゆ』として九代目松本幸四郎主演でテレビドラマ化された[3]。
引用元:二つの祖国 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%A5%96%E5%9B%BD

金足農業、燃ゆ
中村計

あいつら、普段はパッパラパーだけど、野球だけは本気だったから。(女子マネ)

2018年夏の甲子園。エース吉田輝星を擁して準優勝、一大フィーバーを巻き起こした秋田代表・金足農業は、何から何まで「ありえない」チームだった。きかねぇ(気性が荒い)ナインの素顔を生き生きと描き出す、涙と笑いの傑作ノンフィクション。
引用元:『金足農業、燃ゆ』中村計 | 単行本 – 文藝春秋BOOKS https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163910581