『ニッポン硬貨の謎』『覆面作家は二人いる』

『街の灯』『玻璃の天』に続く
「ベッキーさん」シリーズの
完結編となる、作家・北村薫の
直木賞受賞作は?
私か男
乳と卵
鷺は蟹
鷺と雪(答)
37%

041TjvfcqN
『ニッポン硬貨の謎』
『空飛ぶ馬』
『覆面作家は二人いる』
『鷺と雪』で直木賞受賞
島田荘司
北村薫(答)
連城三紀彦
歌野晶午

CIMG8296djNNF0JQcJ0R
次の作家・北村薫の
「覆面作家」シリーズの短篇集を
刊行された順に選びなさい
『覆面作家は二人いる』
『覆面作家の愛の歌』
『覆面作家の夢の家』
引用元:北村薫『ニッポン硬貨の謎』『空飛ぶ馬』『覆面作家は二人いる』『覆面作家の愛の歌』『覆面作家の夢の家』 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/24558/

北村 薫(きたむら かおる、1949年12月28日 -)は、日本の小説家、推理作家。埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。本名は宮本和男[1]。

経歴
早稲田大学在学中はワセダミステリクラブに所属。卒業後、母校である埼玉県立春日部高等学校の国語教師をしながら(1980年 – 1993年)、創元推理文庫の「日本探偵小説全集」を編集。1989年、覆面作家として東京創元社「鮎川哲也と十三の謎」の1冊『空飛ぶ馬』でデビュー。1991年に『夜の蝉』で第44回日本推理作家協会賞(連作短篇集賞)を、2006年に『ニッポン硬貨の謎』で第6回本格ミステリ大賞(評論・研究部門)・2006年版バカミス大賞を受賞する。代表作『スキップ』等で、直木賞最終候補作に6度選ばれている。また、本格ミステリ作家クラブ設立時の発起人の一人であり、初代事務局長を務める。2005年、同クラブの会長に就任する。また同年より翌2006年度まで、早稲田大学文学学術院客員教授として教壇に立った。2009年、『鷺と雪』で第141回直木賞を受賞。同年、彩の国功労賞を受賞。2013年度より再度早稲田大学にて文学学術院・早稲田大学文化構想学部|文化構想学部教授に着任。
引用元:北村薫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%91%E8%96%AB

『鷺と雪』(さぎとゆき)は、北村薫による日本の短編推理小説、および、それを表題作とする短編小説集。ベッキーさんシリーズの最終作。

第141回直木三十五賞受賞作。前作「玻璃の天」は第137回直木賞にノミネートされたが受賞には至らず、通算6度目のノミネートでの受賞となった。「本格ミステリ・ベスト10 2010」で第6位に、「週刊文春ミステリーベスト10」で第3位にランクインした。
引用元:鷺と雪 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B7%BA%E3%81%A8%E9%9B%AA