【クワス】ロシアの微アル飲料

次のロシア料理とその説明の
正しい組み合わせを選びなさい
チェブレキ─ミートパイを揚げたもの
オクローシカ─野菜と肉を刻んだ冷製スープ
キシュカ─豚の血や穀物のソーセージ
36%

チェブレク (クリミア・タタール語:çüberek, トルコ語: çiğ börek)は、クリミア・タタール人の代表的な民族料理である。味付けした羊の挽肉をごく薄くのばした生地に詰め、油で揚げた食べ物。複数形はチェブレキ。[1]
引用元:チェブレキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%AD

オクローシカ(ロシア語: окрошка, アクローシュカ)は、ロシアの冷製スープである。アクロシュカまたはオクロシカとも呼ばれる。このスープの名前はロシア語で、「細切れにする」ことを意味する「крошить」に由来する[1]。
引用元:オクローシカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%AB

キシュカまたはキシュケ(ポーランド語: kiszka, ロシア語: kishka, ウクライナ語: кишка kyshka, イディッシュ語およびヘブライ語: kishke)とは、スラヴ語で臓物または腸を意味し、転じてソーセージや肉のプディングの名ともなっている。

東欧では、豚の腸に豚の血とオオムギまたは蕎麦の実を詰めて作られるブラッドソーセージの一種である。朝食に食べることが多い。「キシュカを盗んだのは誰?」という有名なポルカの楽曲がある。
引用元:キシュカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%AB

クワス(ウクライナ語・ベラルーシ語・ロシア語:квас、[クヴァス];意訳:[酸汁])は、東欧の伝統的な微炭酸の微アルコール性飲料。キエフ大公国時代から知られ、現在はウクライナ、ベラルーシ、ロシアなどで好まれている。

概要
クワスはライ麦と麦芽を発酵させて作る。各家庭においてはライ麦パンと酵母を原料として手軽に作られる。クワスをパン種として、パン生地を練って、ライ麦パンを焼くこともある。 ロシアではクワスは夏の風物詩とされている。冬にも作られるが、夏と冬ではレシピが異なるため、その風味には明確な違いがある[1]。

アルコール度数は1‐2.5%。そのまま飲用する他、トマト、キュウリ、タマネギなどの野菜、ハムやゆで卵を細かく切ったものに、クワスを加えて混ぜたものを冷たいスープとしても食べる(オクローシカ)。
引用元:クワス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%B9