『一の悲劇』法月綸太郎

山あいの小さな集落に人を呼び
戻す、南はかま市「蘇りし課」の
活躍を描いた、2019年9月に
刊行された米澤穂信の小説は?
『Jの悲劇』
『Iの悲劇』(答)
『Kの悲劇』
『Lの悲劇』
47%

米澤 穂信(よねざわ ほのぶ、1978年[1] -)は、日本の小説家、推理作家。岐阜県出身[2]。岐阜県立斐太高等学校[3]、金沢大学文学部卒業[4]。男性。

作風
推理小説の中でも青春ミステリと呼ばれるジャンルにおいて、「日常の謎」を扱った作品を主に発表している。作風が地味だという声もあったが、その端正な文体と登場人物に対する巧みなキャラクター設定により、特に若い世代に支持を広げている[要出典]。米澤は自著について、これらの作品群に通底するテーマは「全能感」であり、思春期における全能感の揺れ動き、変化していく過程を書いてきたと述べている[18]。このテーマは8冊目となる長編『ボトルネック』で一次決算をむかえることになる。

9冊目である新本格へのオマージュをテーマにした長編『インシテミル』を皮切りに、『儚い羊たちの祝宴』『追想五断章』など青春小説の枠を外した作品も発表するようになった。
引用元:米澤穂信 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E6%BE%A4%E7%A9%82%E4%BF%A1

一度死んだ村に、人を呼び戻す。それが「甦り課」の使命だ。

山あいの小さな集落、簑石。
六年前に滅びたこの場所に人を呼び戻すため、
Iターン支援プロジェクトが実施されることになった。
引用元:『Iの悲劇』米澤穂信 | 単行本 – 文藝春秋BOOKS https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163910963

Iターン現象(アイターンげんしょう)とは、人口還流現象のひとつ。出身地とは別の地方に移り住む、特に都市部から田舎に移り住むことを指す。

概説
元参議院議員の小山峰男が長野県社会部長時代に命名したとされる。人の動きを地図上に示すとアルファベットのI字状となることにちなむが、起点から他の場所を経由して元へ戻るわけではないので、「ターン」という言葉を使うのは本来は誤用である。元は出身地への帰住を指す「Uターン現象」という語が先に使われ、これに倣う形で「Iターン現象」という語が作られたのが実情である。
引用元:Iターン現象 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/I%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%8F%BE%E8%B1%A1

Jターン現象(ジェイターンげんしょう)とは、人口還流現象のひとつで、地方から大都市へ移住した者が、生まれ故郷の近くの(元の移住先よりも)規模の小さい地方大都市圏や、中規模な都市に戻り定住する現象。
引用元:Jターン現象 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/J%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E7%8F%BE%E8%B1%A1

『一の悲劇』(いちのひげき)は、法月綸太郎によるミステリー小説。著者と同名の探偵・法月綸太郎が活躍するシリーズの4作目。1991年4月に祥伝社ノン・ノベルから、1996年7月に祥伝社ノン・ポシェットから刊行された。

2013年に販売促進の一環として新たなポップを制作したところ手応えがあり、販売会社の日販が大々的に仕掛けて文庫版が19刷15万部、ノベルス版と合わせて累計22万部のヒットとなった[1]。

2016年にテレビドラマ化された[2]。本項ではそのテレビドラマ版も記述する。
引用元:一の悲劇 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E3%81%AE%E6%82%B2%E5%8A%87