【印】キチュリ【英】ケジャリー

次のうち、エジプト料理
コシャリはどっち?
(画像出題)
A不明 ジャンバラヤ?
B(答)
73%


米、パスタ、貝などを混ぜた
このエジプトの料理は?
(画像出題)
コシャリ(答)

126llOfJRChDX
ターメイヤ
シャクシューカ
ハマム・マシュイ
ワラ・アイナップ
インドネシア料理
タイ料理
エジプト料理(答)
ブラジル料理

エトゥリ・ピラヴ
カドゥン・ブドゥ・キョフテ
メルジメック・チョルバス
ドネルケバブ
トルコ料理(答)

チリコンカン
エンチラーダ 肉とチーズのトルティーヤ詰
テキーラ
タコス
メキシコ料理(答)

CIMG8467TLZRNcwY7dc4
ほうれん草とポテトで作る
シチューのようなエチオピア料理
ゴメンワット

CIMG5583
次のインドの米料理と
その説明の
正しい組み合わせを選びなさい
ビリヤーニー───具の多い炊き込みご飯
チャーワル───普通の白ご飯
プラーオ───炒めた米をダシで煮たご飯
引用元:エジプト料理「ターメイヤ」「シャクシューカ」「ハマム・マシュイ」「ワラ・アイナップ」 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/545/

コシャリ(エジプト・アラビア語: كشرى‎, [ˈkoʃæɾi]、Kushari)とは、エジプトの料理の一つ。エジプトの「国民食」と評されている[1][2]。

概要
米、マカロニやスパゲッティなどのパスタ、ヒヨコ豆、レンズ豆をミックスし、揚げた玉ねぎとトマトソースをかけた料理で、カルと呼ばれる酢と、シャッタと呼ばれる辛味ソースをかけて食べる[1][2][3]。コシャリは上記で挙げた食材を中心とはするが、材料や分量や加工時間を変更し味の差別化を図るものであり、現地では同じ味は無いとまで言われる[4]ほど、単純かつ奥深い料理である。
引用元:コシャリ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA

Etymology and spelling
‘Koshary’ comes from khichri, a spelling variation of the Indian dish khichdi. The most popular English spelling in Egypt is koshary; other variations of the spelling are kushari, koshari and kosheri.
引用元:Koshary – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Koshary

Khichdi or Khichuṛī (pronounced [ˈkʰɪtʃɽi]) is a dish in South Asian cuisine made of rice and lentils (dal), but other variations include bajra and mung dal kichri. In Indian culture, in several regions, especially in the northern areas, it is considered one of the first solid foods that babies eat.[1] Hindus, mainly from north/northwest, who avoid eating grains during fasting, eat Sabudana Khichadi made from sago.[2][3] In the southern part of India, however, the word Kichri is not that popular. While people of Tamil Nadu and Andhra regions cook Pongal, and Kannadigas prepare Bisi bele bhath, Keralites have no similar dish. Kichri is a salty porridge. Dalia is another similar sweet porridge made from the crushed wheat or barley mixed with sugar and milk.[4]

Khichdi was the inspiration for Anglo-Indian kedgeree[5] and the Egyptian koshary.
引用元:Khichdi – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Khichdi

ケジャリーまたはケージャリー(英語: Kedgeree、時にkitcherie、kitchari、kidgeree、kedgaree、kitchiri、khichuriと表記されることもある)は、インド料理に由来をもつイギリス料理である。ほぐした魚の身(伝統的にはコダラの燻製を用いる)、炊いた米、パセリ、ゆで卵、カレー粉、バターもしくはクリーム、場合によってはサルタナを加えて作る。由来となった料理はインドではキチュリ(英語圏ではkhichariと表記)と呼ばれ、インドではこの単語は通常広く豆と米の料理を指す単語として用いられている。キチュリにはスパイスをあまり用いず水分を多く含むもの(geela khichari)からスパイスを多用し水分をほとんど含まないもの(sookha khichari)まで様々な種類がある。また、インドのキチュリはケジャリーとは材料が異なり、他種類の野菜を用いる他にもナッツや果物を入れることもある。また、インドのキチュリではカレー粉を用いず、料理のレシピに合わせ個々のスパイスを組みあわせ、事前に煎るもしくは油で炒めた後に調理する。
引用元:ケジャリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%BC