【銀梅花】キャサリン妃ブーケにも

イギリスの古い習慣で、花嫁に
持たせて嫁ぎ先で挿し木をすると
幸運になると伝えられている
ハーブと言えば?
マートル(答)
ベルガモット
タラゴン
タイム
36%

ギンバイカ(銀梅花、銀盃花、学名:Myrtus communis)は、フトモモ科の単型の属ギンバイカ属の常緑低木。地中海沿岸原産。英語でマートル(Myrtle)。ドイツ語ではミュルテ(Myrte)。属名からミルトス(Myrtus)とも呼ぶ。花が結婚式などの飾りによく使われるので「祝いの木」ともいう。

別名:ギンコウバイ、ギンコウボク、イワイノキ。

利用
サルデーニャとコルシカ島では、果実や葉を用いてミルト(Mirto)というリキュールを作る。 古代ローマにおいてはコショウが発見される以前はコショウの地位を占めており、油と酒の両方が作られていたと言われる。[1]

文化
シュメールでは豊穣と愛と美と性と戦争の女神イナンナの聖花とされた。 古代ギリシアでは豊穣の女神デーメーテールと愛と美と性の女神アプロディーテーに捧げる花とされた。古代ローマでは愛と美の女神ウェヌスに捧げる花とされ、結婚式に用いられる他、ウェヌスを祀るウェネラリア祭では女性たちがギンバイカの花冠を頭に被って公共浴場で入浴した。その後も結婚式などの祝い事に使われ、愛や不死、純潔を象徴するともされて花嫁のブーケに使われる。

ユダヤ教ではハダス(ヘブライ語:הדס)と呼び、「仮庵の祭り」で新年初めての降雨を祈願する儀式に用いる四種の植物(英語版)の1つとされる。ユダヤ教の神秘学カバラでは男性原理を表すとされ、新床に入る花婿にギンバイカの枝を与えることがあった。生命の樹の第六のセフィラであるティファレトや、エデンの園とその香りの象徴ともされる。
引用元:ギンバイカ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AB

Contemporary
In neo-pagan and wicca rituals, myrtle, though not indigenous beyond the Mediterranean Basin, is now commonly associated with and sacred to Beltane (May Day).

Myrtle in a wedding bouquet is a general European custom.[22]

A sprig of myrtle from Queen Victoria’s wedding bouquet was planted as a slip,[23] and sprigs from it have continually been included in royal wedding bouquets.
引用元:Myrtus – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Myrtus

Myrtle and the modern wedding
The tradition of Royal brides having myrtle in their bouquets has continued into the 20th century and beyond.

‘Queen Elizabeth II definitely did, as did Catherine, Duchess of Cambridge and Meghan, Duchess of Sussex, who is the most recent royal to have some myrtle from Osborne in her bouquet. However, Camilla, Duchess of Cornwall didn’t have any Osborne myrtle in her bouquet – instead, she had flowers from Cornwall.’

Myrtle also featured in Diana’s iconic bouquet, arranged alongside cascading gardenias, Stephanotis and Lily of the Valley.
引用元:The history of Osborne myrtle in royal weddings – English Heritage Blog http://blog.english-heritage.org.uk/osborne-myrtle-and-royal-weddings/