【豆仕入れから製造まで】Bean to Bar【仕入れから家庭まで】Bean to Home

ベルギーのショコラティエ
2015年よりベルギー王室御用達
世界のカカオ農園を訪ね豆を厳選
「bean to home」の概念を提唱
ピエール・エルメ
ルドルフ・リンツ
ピエール・マルコリーニ(答)
セバスチャン・ブイエ
32%


日本にも伊勢丹新宿、表参道
ヒルズなどに店舗がある
フランスの高級チョコレート店は
ジャン・ポール・◯◯◯◯?
モヴィン
バロゾフ
エナァス
エヴァン(答)
引用元:ジャン・ポール・「エヴァン」 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/41256/


CIMG1129KugdDHblZItK
革新的な手法を次々と考案し
「パティスリー界のピカソ」
と呼ばれているフランス人は
ピエール・○○○?
エスメパ
ジトルン
エルメ(答)
「ピエール・エルメ」
引用元:スペイン出身「ダリ」「ベラスケス」「ピカソ 」「ジョアン・ミロ」 『ブレダの開城』ベラスケス 『星座シリーズ』ジョアン・ミロ 『 ポルト・リガトの聖母』ダリ ピカソの時代「 青」「バラ色」「キュビズム」「新古典」「シュルレアリスム」 製菓のピカソ「ピエール・ エルメ」 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/24513/

Pierre Marcolini (born 12 July 1964) is a Belgian chocolatier born in Charleroi in 1964.

Professional life
Having qualified as a chef-pâtissier, he was employed variously in Belgium and France, including employment at such prestigious institutions as Wittamer and Auguste Fauchon.[2][3]

In 1995, he won the “World Champion Pastry Chef in Lyon and opened his first shop.[4]

Visiting the chocolaterie of Maurice Bernachon, he was inspired by the artisanal methods of the Lyonese, henceforth considering him one of his mentors, along with the pâtissier Gaston Lenôtre.[5][6]

In 2007, Nestlé acquired a 6% stake in the business.[7] Marcolini then creates a chocolate flavour for Nestle subsidiary Nespresso, whereupon Nestle increased its share to 29%.[8] The partnership ended in December 2011 as Marcolini and other shareholders bought out Nestlé’s share.[9] The following year, Marcolini raised additional capital from investment group NEO Capital.[10]

As of 2012, the corporation employs 350[1] and as of 2015 holds 30 shops, most notably in London, Tokyo, Paris and Brussels.[11] In 2012, it generates 32 million Euros in revenue.[citation needed]

The corporation has a manufacturing facility in Sablon, one of the most upmarket parts of Brussels.[12][13] Marcolini contrôle sa production « de la fève à la tablette ».[14][15] He artesanally produces his own couverture chocolate, and selects his suppliers from among plantations in Brazil, Equatorial Guinea and Mexico.[7][16] In 2012, the company produced 150 tons of chocolate.[citation needed]
引用元:Pierre Marcolini – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Pierre_Marcolini

「Bean to Home by Pierre Marcolini」について
カカオ豆(Bean)の仕入れからチョコレート(Bar)の製造までの工程を一貫して行う「Bean to Bar」という考え方から、ピエール マルコリーニは、カカオ農園から手に入れた最高の素材を使ってご自宅(Home)まで美味しいチョコレートをお届けする「Bean to Home」というコンセプトを生み出しました。本イベントでは、その場で本格的なチョコレートを味わえるだけでなく、イベント終了後もオリジナルレシピやクーベルチュールを楽しむことができます。
引用元:バレンタインや自分へのご褒美に…!ピエール マルコリーニ期間限定ショップが原宿にオープン!5種類の巨大チョコブロックや先着48名限定のスペシャル ティスティングなど|株式会社THE CREAM OF THE CROP AND COMPANY のプレスリリース https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000040936.html

リンツ&シュプルングリー(ドイツ語: Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli AG, ショコラーデファブリーケン・リント・ウント・シュプリュングリー、通称リンツ)は、スイス・チューリッヒ州キルヒベルクに本社を置き、チョコレートを中心とした菓子の製造・販売や、関連店舗の運営を行う企業。子会社を含め多くのチョコレートブランドを保有する。スイス証券取引所上場企業。日本法人はリンツ&シュプルングリージャパン株式会社。

1879年、ベルンの薬剤師の息子であったロドルフ・リンツ (Rodolphe Lindt) は、従来の硬いチョコレートに対して、新工法による滑らかな舌触りのチョコレートを発明し、国際的な評判を呼んだ[6]。ヨハンはロドルフのチョコレート店を買収、会社名をベルン・チューリッヒ合同チョコレート製造会社リンツ&シュプルングリー (Aktiengesellschaft Vereinigte Berner und Zürcher Chocoladefabriken Lindt & Sprüngli) と改名し、現在のリンツ&シュプルングリーに至る基礎を築いた[5]。
引用元:リンツ&シュプルングリー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%84%26%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC

ピエール・エルメ(Pierre Hermé, 1961年11月20日 – )は、フランスのパティシエ・ショコラティエ。「パティスリー界のピカソ」といわれている人物であり、自らの名前を使用した「PIERRE HERMÉ PARIS」(ピエール・エルメ・パリ)というパティスリーショップを展開している。
引用元:ピエール・エルメ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A1

パティスリーブイエは、フランス南東部ローヌアルプ地方の中心都市「食の都リヨン」で注目を集めているパティスリーです。リヨン市内にパティスリーとマカロン・ショコラ専門店、サロン・ド・テの3店舗を経営されています。

1977年、アンリ・ブイエ氏によって創業され、2000年に息子であるセバスチャン・ブイエ氏が引き継ぎました。また2004年には世界で最も有名なパティシエで構成される菓子職人の国際協会「ルレ・デセール」の史上最年少メンバーとして認定されたセバスチャン・ブイエ氏は、数々のコンクールでグランプリや上位入賞を果たした、今最も注目されるパティシエのひとりです。

セバスチャン・ブイエ氏のマカロンは個性的な味わいが特徴。
引用元:4/5 マカロン BEST5 [スイーツ・デザート] All About https://allabout.co.jp/gm/gc/217834/4/