【溶き卵】dorure

焼き菓子やパンに光沢や焼き色を
付けるため、生地の表面に溶き卵
を塗ることをフランス語で
何という?
コレ

ソレ
アレ
ドレ(答)
8%

ドリュール (dorure) は、パンや焼き菓子の表面に、光沢を付けるために塗る溶き卵。

概要
日本語の「ドリュール」は、フランス語で「めっき」を意味する「dorure」の音写であり、「ドリール」とも呼ばれ、塗り卵[1]、照り用卵液[2]、などとも説明されることがある。

ドリュール は基本的には溶き卵であり、それに塩や[3]、みりんを少々入れたりする[4]。また、牛乳を入れたり、卵を使わず牛乳で代用することもある。
引用元:ドリュール – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

焼成前のパン生地に溶き卵を塗る理由は、焼き上がったパンの表面につやを出すため。

食感に多少の変化はありますが、パン生地の味を変えることなく、美しいつやと焼き色を付けることができるのです。

ちなみに、生地の表面に塗る溶き卵のことをフランス語で「ドリュール」または「ドリール」と呼び、これを塗る作業を「ドレ」といいます。
引用元:パンに溶き卵を塗る理由は?塗り方のポイントを押さえよう | cotta column https://www.cotta.jp/special/article/?p=16883

ドレ【仏:dore】
焼き菓子やパンに塗るためにドリュールを塗ること。
焼成前にハケで薄くのばすことで、焼き上がりにツヤと色を与えることができる。
引用元:ドレ|パティシエWiki/パティシエのための洋菓子・製菓用語集 https://www.patissient.com/wiki/%E3%83%89%E3%83%AC

ドリュール 【仏:dorure】

焼き菓子やパンに塗るために溶き卵のこと。
ドリールとも呼ばれる。
必要に応じて水や牛乳、塩などを加える。
引用元:ドリュール|パティシエWiki/パティシエのための洋菓子・製菓用語集 https://www.patissient.com/wiki/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB