【紫】ダージリン

次のトワイニングが販売している
紅茶の茶葉の種類と
パッケージカラーの
正しい組み合わせを選びなさい
アールグレイ───黃
レディグレイ───青
セイロンオレンジペコ───橙
ダージリン───紫
27%

当時海軍大臣を務めていたグレイ伯爵が、中国からの土産物として味わった紅茶を大変気に入り、トワイニング社に味や香りの再現したブレンド ティーを注文。この一件から、のちに英国首相となった伯爵の名を冠したブレンド、「アール グレイ」が生まれました。「アール」は英語で「伯爵」を意味します。
その後、紅茶の輸入権を握り、イギリスの繁栄を築いたと言われるヴィクトリア女王が即位すると、女王は自ら「4時のお茶」の習慣を始めます。これまで貴族や上流階級に限られた楽しみだった紅茶は、次第に中産階級、労働者階級にも広まり、次第に国民的飲み物に。1837年、ヴィクトリア女王は、トワイニング社に王室御用達を授けます。
引用元:英国紅茶の歴史とともに300余年 | トワイニング紅茶 TWININGS TEA TIME https://www.twinings-tea.jp/story/history.html

トワイニング(Twinings, [ˈtwaɪnɪŋz])は、トーマス・トワイニングが設立した紅茶のマーケターである。イギリス、ハンプシャーのアンドーヴァーに本社を構える。1706年にロンドンのストランド通りに世界で初めて紅茶店を出店した(現在もストランド通り216番地にて営業中)[1]。現在は、アソシエイテッド・ブリティッシュ・フーズの傘下にある。10代目の当主であるスティーヴン・トワイニングは現在、トワイニング社の取締役広報部長を務めている。

日本では片岡物産が総代理店となっている。2007年にトワイニング社と片岡物産の合弁会社である「トワイニングジャパン株式会社」を設立し、トワイニングのマーケティングに関する業務を行っている。

缶・ペットボトル飲料をJT(日本たばこ産業)が販売していた。2010年5月にチルドカップ飲料「アールグレイミルクティー」を発売。

リーフティー、ティーバッグ[編集]
商品名の括弧内の色はパッケージカラーである。

ブレンダーチョイス(ベージュ)
トワイニングが誇るマスターティーブレンダーの1人、マイケル ライトが日本人の味覚に合わせて厳選。ケニア・アッサム(インド)・セイロン(スリランカ)の3種類の茶葉をバランス良くブレンド。 香りと渋みは穏やかでコクがあるのが特徴。
ダージリン(紫)
ダージリン地方で栽培された茶葉を厳選し、独自にブレンド。
ビンテージ ダージリン(金→薄紫)
ダージリンの中でも収穫時期や茶園に拘り、手摘み茶葉のみを使用。マスカットフレーバーと繊細な渋味が特徴。
アールグレイ(黄)
ベルガモット(地中海原産の柑橘類)の香りをつけた茶葉。爽やかな香りが特徴。
レディグレイ(青)
アールグレイにオレンジとレモンのピール、矢車菊の花を加えたオリジナルブレンド。現在トップクラスの人気ブレンドとなっている。
セイロンオレンジペコ(橙)
豊かな香りとコク深い味わいが特徴。
引用元:トワイニング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0