福神漬

明治時代に東京の漬物店店主・
野田清右衛門が考案したのは
べったら漬けである
×(答)
53%

福神漬(ふくじんづけ/ふくしんづけ)は、非発酵型の漬物の一種で、ダイコン、ナス、ナタマメ(鉈豆)、レンコン、キュウリ、シソの実、シイタケまたは白ゴマなどの7種の下漬けした野菜類を塩抜きして細かく刻み、醤油と砂糖やみりんで作った調味液で漬けたもの。「ふくじんづけ」と呼ばれる場合が多いが、「ふくしんづけ」と呼ぶ地方もある[2]。

概要
言われについてはいくつか説がある。

寛文12年(1672年)、出羽国雄勝郡八幡村(現・秋田県湯沢市)出身の了翁道覚が、上野寛永寺に勧学寮を建立した。勧学寮では寮生に食事が出され、おかずとしては、了翁が考案したといわれる漬物が出された。ダイコン、ナス、キュウリなど野菜の切れ端の残り物をよく干して漬物にしたもので、輪王寺宮がこれを美味とし「福神漬」と命名、巷間に広まったとされる。
明治時代初頭、東京・上野の漬物店「山田屋」(現在の酒悦)の店主・第15代野田清右衛門が開発し[3]、自分の経営する茶店で売り出したところ評判となり、日本全国に広まった。名づけ親は、これを大いに気に入った当時の流行作家「梅亭金鵞」[4][5][6]で、「ご飯のお供にこれさえあれば他におかずは要らず、食費が抑えられ金が貯まる(=家に七福神がやってきたかのような幸福感)」という解釈で、7種類の野菜を使用し店が上野不忍池の弁才天近くにあった事から「福神漬」と命名されたとされ[7][3]、日暮里の浄光寺に表彰碑が存在する。また、この名称が広がる事を願った清右衛門は、商標登録をしなかった[6]。
引用元:福神漬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%A5%9E%E6%BC%AC

漬物の一種。大根・なす・かぶ・なた豆・しその実・うり・れんこんなど、7種類の材料を細かく刻み、みりんじょうゆに漬け込んだもの。カレーライスのつけ合わせにする。◇1885(明治18)年、東京・上野の漬物店「酒悦(しゅえつ)」の野田清右衛門が考案したものとされる。7種の材料を用いること、また上野の不忍池(しのばずのいけ)の弁財天(七福神の一人)にちなんで、戯作者の梅亭金鵞(ばいていきんが)が名づけた。
出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について
引用元:福神漬け(ふくじんづけ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E7%A6%8F%E7%A5%9E%E6%BC%AC%E3%81%91-1496047

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
ダイコンを米麹(こめこうじ)、砂糖で漬けたもの。東京では浅漬けともいう。ほのかな甘味と、こりこりした歯ざわりを賞味する。江戸時代の初め、旧暦10月19日に、江戸・日本橋大伝馬町の恵比寿講(えびすこう)の祭礼の宵宮(よいみや)に、織物商人が集まって市(いち)を立てていたが、この市に、周辺の農家でとれるダイコンを麹と飴(あめ)で加工して売り出したのが始まりといわれている。麹でべたべたしているところからべったらとよばれ、それが市の名になったものらしい。現在も同地で開かれるべったら市は有名である。原料のダイコンは皮の筋目が残らないよう厚く皮をむき、塩で下漬けしたあと麹で本漬けにする。麹はぬるま湯で溶いて保温し、固めの甘酒にして用いると甘味が強くなる。下漬けしたダイコンは麹、砂糖をふりかけながら漬け込み、重石(おもし)をする。5日目くらいから食べられ、15日くらいが食べごろ。[河野友美]
引用元:べったら漬け(べったらづけ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%81%B9%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E6%BC%AC%E3%81%91-808863

べったら漬(べったらづけ)は、大根の麹漬の一種で、東京を代表する名産品と言われている。

「べったら漬け」とも書く。表面についた甘酒の麹がべとべとしていることからこの名がついた。

毎年、10月19日・20日に、宝田恵比寿神社がある日本橋大伝馬町界隈では「べったら市」が開かれ、東京・日本橋界隈の秋の下町恒例行事となっている。

東京にいたか屋の東京べったら漬は東京都中央区観光協会推奨名産品に認定されている。

歴史
歴史は古く、江戸時代の宝田恵比寿神社例祭の市に遡る。

毎年10月19日の夜(えびす講の前夜)には、日本橋本町の宝田恵比寿神社を中心とした日本橋本町、大伝馬町、および椙森神社を中心とした堀留町、人形町近辺の通りで「べったら市」が開かれ、べったら漬が売り出される[2]。

徳川慶喜はべったら漬を好んで食し、昭和天皇と戦前・戦後の新派を代表する女形役者花柳章太郎も味覚の秋ににいたか屋のべったら漬を味わい楽しんだと言われる。
引用元:べったら漬 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B9%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%82%89%E6%BC%AC