bed and breakfast【B&B】

規制緩和で注目を集めている
2014年には日本法人も設立された
サンフランシスコに本社を置く
民泊向けのウェブサイトは?
ibnArb
Airbnb(答)
32%

Airbnbについて
Airbnbは、暮らすように旅できるユニークなお部屋と体験が集まった世界最大級のマーケットプレイスです。宿泊先は700万件超、その地ならではの体験は50,000万件超。すべて現地ホストが提供しています。人々の経済的自立を影で支えるAirbnbは、空いているお部屋や好きなことを仕事にする世界数百万人のホスピタリティ起業家を支援し、観光による地域振興に貢献してきました。利用者は創業以来通算7.5億人を超え、220を超える国と地域、62の対応言語で今日もまた新たな出会いが生まれています。Airbnbは世界中の人々をつなぎ、コミュニティと信頼を育むカンパニーです。
引用元:Airbnbについて – Airbnb Newsroom https://news.airbnb.com/ja/about-us/

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである[1]。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している[2][3]。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く[4]、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。

2019年、全世界の宿泊予約数でエクスペディアを追い抜き、宿泊予約プラットフォームとして、ブッキングドットコムに次ぐ世界2位に浮上した[9]。

2019年11月18日、国際オリンピック委員会(IOC)と2028年までのワールドワイドパートナーの契約を結んだことを発表[10]。

来歴
成り立ち
ロードアイランド州の美術大学、RISDで出会った、ブライアン·チェスキー(Brian Chesky)とジョー・ゲビア(Joe Gebbia)の2人は、卒業後の2007年10月、サンフランシスコに引っ越してすぐ、 アメリカのインダストリアルデザイナー協会が主催するインダストリアルデザイン会議の際にエアベッド&ブレックファストの初期コンセプトを作り出した[11]。元のサイトは、飽和した市場でホテルを予約することができない参加者に、短期的な宿と朝食と他に類をみないビジネスネットワーキングの機会を提供した[12]。

当時、チェスキーとゲビアはサンフランシスコでロフトの家賃を払えず、部屋を共有していた。二人は3名が泊まれるエアマットレスを備え自家製の朝食を提供することで、居間を小さなB&B(英語圏における民宿/小規模宿泊施設)にした[13]。

名前の変更と成長
2009年3月、Airbedandbreakfast.comという名前をAirbnb.comに短縮し、サイトのコンテンツは、エアベッド、共用スペースから、1戸建て住宅やアパート、個室、城、クルーザー、荘園、ツリーハウス、テント、イグルー、個人所有の島やその他の物件にまで成長した[23]。
引用元:Airbnb – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Airbnb

ベッド・アンド・ブレックファスト(英: bed and breakfast)とは、イギリスや北米、アイルランド、ニュージーランド、オーストラリアなど、主に英語圏各国における(多くの場合小規模な)宿泊施設で、宿泊と朝食の提供を料金に含み、比較的低価格で利用できるもののこと。

ドイツやイタリアなどのペンション(日本の「ペンション」とは異なる)や、フランスのシャンブル・ドットに相当する。

日本においてはイギリスに多く存在する宿泊施設として認識され、「B&B(ビー・アンド・ビー)」の略称で知られる。

また、非英語圏の同様の比較的低価格のホテルを「bed and breakfast(B&B)」と呼ぶこともある。
引用元:ベッド・アンド・ブレックファスト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B9%E3%83%88

シャンブル・ドットとは、フランス語の「Chambre d’hôte」のカタカナ表記。 シャンブルとは寝室、オット(オートhôte)とはオーナーないしホストのこと。

一般家庭のゲストルームを宿泊に提供し、大抵は朝食が宿泊料に含まれる。 フランスはもとより、近隣欧州国ではよく知られ、比較的安く泊まれるため、人気が高い。

しかし、民家に1つないし複数のゲストルームを持つオーナーが運営する性質上、都市中心部には少なく、郊外に多いため、車がないとアクセスしにくい現状があるため、日本からの旅行者の間での知名度は、まだ低い。
引用元:シャンブル・ドット – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%83%E3%83%88