【五升倍 升升 半升】【春夏冬二升五合】商い(秋無い)益々繁盛

昔の商店にこれを書いた紙がよく
張られていた、シャレで「御商売
益々繁盛」と読ませる文章は?
一二合升斗五
一斗二升五合(答)
44%

升(しょう)とは、尺貫法における体積(容積)の基準となる単位である。10合(ごう)が1升、10升が1斗(と)となる。その量は時代や地域により異なる。日本では、メートル法採用後の1891年(明治24年)に、立方メートル(立米、m3)を基準にして1升を 2401/1 331 000 立方メートルと定めた(後述)。これは、約 1.803 906 837 リットル (L) に当たる。

升と文化
上記のとおり、「升」は「ます」と訓ずる。また、5合は2分の1升に当たるため、「二升五合」を「ますますはんじょう(益々繁盛)」と判じ読みを行う。しばしば、湯飲みなどに「春夏 二升五合 冬」と書いて、「商い(秋無い)益々繁盛」の縁起物とされる。また、1斗が5升の倍に当たることから、「一斗二升五合」と書き「五升倍 升升 半升」と解して「御商売 益々 繁盛」と洒落として読むこともある。
引用元:升 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%87