【直火】グリエ【炒め】ソテー【かけ廻し焼】ポワレ

フランス料理の調理法で
肉や魚をフライパンで焼くことを
グリエという
◯(答)
49%

フランス料理の調理法で
肉や魚を鍋で蒸し煮にすることを
プレゼという
◯(答)
37%

引用元:蒸し煮【ブレゼbraiser】フライパンで焼く【ポワレpoêlé】 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/56231/

グリル grill (グリエ(仏)griller )
網焼き、あるいは鉄板やグリルパンで食材を焼くこと。および、それらで焼いた料理を指す。バーベキューもグリルの一種。もとは肉を焼くことから、焼き肉を供する食堂などの意味もある。
引用元:用語集:グリル grill (グリエ(仏)griller):グリル – 財団法人日本食肉消費総合センター http://www.jmi.or.jp/info/word/ka/ka_106.html

ソテー (仏)saut

加熱方法の一つで、フライパンや鍋に油脂を熱して材料を焼いたり、いためたりすることの西洋料理用語。材料をソテーして料理が仕上がる場合と、調理の過程のソテーがある。肉の場合、ビーフステーキ、ポークソテー、チキンソテー、ハンバーグなどは前者で、後者はビーフシチューなど煮込み料理に多い。厚みのある肉のソテーの基本的ポイントは、まず強火で肉の表面をいためて肉汁が外に出ないように膜を作ること。これを、焼きつけるなどという。あとは、火を弱めて中までやわらかく火を通す。料理によっては、ふたをして蒸し焼きにすることがある。
引用元:用語集:ソテー (仏)saute:ソテー – 財団法人日本食肉消費総合センター http://www.jmi.or.jp/info/word/sa/sa_185.html

ポワレ(仏:poêlé)は、フランス料理における調理法のひとつ。

調理法
現代(ヌーベルキュイジーヌ以降)では、ポワレ鍋(フライパン)に油脂をひき、表面をカリッと中身をふんわりした感触に具材を焼き上げる手法を指している。魚料理の調理法としてなじみ深いが、元々は肉料理で用いられていた料理法で、調理中は具材から出た脂や汁をかけ廻し、アロゼ(フランス語で水撒き)と呼ばれる。

調理の一例としては、魚の切り身に塩コショウして下味をつけ、オリーブ油で両面を色よく焼いた後、ソースと共に盛りつける。魚はウシノシタ(舌平目)やスズキ、アマダイなどの白身の魚や、マス・サケ類などがよく用いられる。ムニエルとは異なり、小麦粉などの粉をまぶさない。
引用元:ポワレ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AF%E3%83%AC#:~:text=%E3%83%9D%E3%83%AF%E3%83%AC%EF%BC%88%E4%BB%8F%EF%BC%9Apo%C3%AAl%C3%A9%EF%BC%89%E3%81%AF,%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E8%AA%BF%E7%90%86%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%A4%E3%80%82