恋都(こと)【古都】

北夏輝のメフィスト賞受賞作
『恋都の狐さん』の舞台と
なっているのは京都である
×(答)
44%


2001年に第19回メフィスト賞を
受賞した、作家・舞城王太郎の
デビュー作は?
か土煙いか物食
煙か土か食い物(答)
30%
引用元:『煙か土か食い物』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/32875/

恋都の狐さん
文芸(単行本)
コトノキツネサン
著:北 夏輝

豆を手にすれば恋愛成就の噂がある、東大寺二月堂での節分の豆まき。奈良の女子大に通う「私」は、“20年間彼氏なし”生活からの脱却を願って、その豆まきに参加した。大混乱のなか、豆や鈴を手にするが、鈴を落としてしまう。拾ったのは、狐のお面を被った着流し姿の奇妙な青年。それが「狐さん」との生涯忘れえない、出逢いだった――。
引用元:『恋都の狐さん』(北 夏輝)|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000187244

北 夏輝(きた なつき)は、日本の小説家。女性。

経歴・人物
1986年、大阪府生まれ[1]。 奈良女子大学大学院に在籍[2]。

2012年、奈良を舞台とした小説『恋都の狐さん』で第46回メフィスト賞を受賞、小説家デビューを果たす[3]。 同書は発売1週間で重版が決まった[4]。
引用元:北夏輝 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%A4%8F%E8%BC%9D#cite_note-5

古都(こと)とは、ある国における古くからの都、または昔に都がおかれていた場所のことである[要出典]

上記の意味が転じて、現在では歴史的建造物などが残されている場所を古都として概念的に呼称している場合も多い。(慶州市・西安・ナポリ・ヴェネツィア・鎌倉など)、多くは観光地となっている。

日本での法律による古都の定義
日本の法律において「古都」は「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」で「わが国往時の政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する京都市、奈良市、鎌倉市及び政令で定めるその他の市町村」と定義しており、「政令で定めるその他の市町村」については政令(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法第二条第一項の市町村を定める政令)で「天理市、橿原市、桜井市、斑鳩町、明日香村、逗子市及び大津市」と規定している。これは住環境保全運動が制定の契機となった法律で、施行の対象を通念としての「古都」に限定するものではない。
引用元:古都 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E9%83%BD