【江崎利一、森永太一郎】

江崎グリコと森永製菓の
創業者は共に何県の出身?
(画像出題)
佐賀県をタッチ(答)
33%

江崎 利一(えざき りいち、明治15年〈1882年〉12月23日 – 昭和55年〈1980年〉2月2日)は日本の実業家。江崎グリコの創業者。現社長・江崎勝久とその弟の江崎正道の祖父。

戸ヶ里漁港で水揚げされた牡蠣(カキ)に含まれるグリコーゲンから「グリコーゲンの事業化」を思いついた。 アメの中に、牡蠣エキスからとったグリコーゲンを入れた試作品を、つぎつぎと作るようになった[6]。

1921年4月、41歳の江崎は一家をあげて大阪に移住した[7]。
引用元:江崎利一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%9F%E5%B4%8E%E5%88%A9%E4%B8%80

森永 太一郎(もりなが たいちろう、慶応元年6月17日(1865年8月8日) – 昭和12年(1937年)1月24日)は、日本の実業家。森永製菓創業者。佐賀県伊万里市出身。安倍晋三首相の妻・昭恵は外曾孫娘にあたる。

3か月後今度こそ西洋菓子製法の習得を目指して再び渡米し、アラメダのジョンソン・ホームベーカリーの雑用係を経て、明治28(1895)年31歳の時にオークランドのキャンディー工場&キャンディーストア「ブルーニング社」の掃除係として入社した。この当時、森永は身長180cm、体重70キロの巨漢だった[1]。ここでも多くの人種差別の苦難に会いながらも様々な西洋菓子の製法を身に付け、5年が過ぎ、日本に西洋菓子を普及させる時期になったと判断した太一郎は計11年間の滞米を終えて帰国の決心をした。この時オークランドのブルーニング夫妻から「小売りをせず、卸だけやれば家賃の安い辺鄙な所でも済む。自分も二坪ばかりの小さな家で菓子を作り、そこで寝泊りをして始めた。」と助言を受け、明治32(1899)年6月下旬に横浜に到着した。

帰国後1899年現在の森永製菓の前身となる森永西洋菓子製造所を東京・赤坂(旧溜池町、現在の赤坂1・2丁目付近)に設立した[4]。主にマシュマロを製造していたが、後にキャラメルを主力製品とする。当時「天使の食べ物」と呼ばれていたマシュマロは在米中に行なった市場調査で邦人にもっとも好まれた菓子だった[3]。1905年には貿易商社に勤めていた松崎半三郎を迎い入れ、森永は自らリヤカーを引いて販売に当たった[3][5]。
引用元:森永太一郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%B0%B8%E5%A4%AA%E4%B8%80%E9%83%8E