長谷川牧場【足利マール牛】

ワイン生成時にできるブドウの
絞り粕を飼料として与えて肥育
した牛の肉「甲州ワインビーフ」
で有名な山梨県甲斐市の牧場は?
小林牧場(答)

山本牧場
山田牧場
中村牧場
29%

ワイン用のブドウの絞りカスから
作られるブランデーのことを
フランスでは「○○○」という?
○を答えなさい
マール(答)

ワイン用のブドウの絞りカスから
作られるブランデーのことを
フランスでは「マール」と
いいますが
イタリアでは
「◯◯◯◯」という?
◯を答えなさい
グラッパ(答)

甲州ワインビーフ(こうしゅうワインビーフ)は、山梨県甲斐市にある小林牧場においてワインの生成時に発生する葡萄の搾り粕を飼料の一部として与えて肥育される「交雑種」から取れる牛肉のことである。

概要[編集]
生後5ヶ月までは乾草などを与えて育てるが、栄養が赤身に行き渡る生後6ヶ月から1年半の間、混合飼料にワインの搾りかすを混ぜて与える。その後は栄養が脂分に行くため搾りかすを混ぜるのをやめ、穀物を主体とした飼料に切り替え、生後2年ほどで出荷される。ワインの効果により肉が充分柔らかくなるだけでなく、ワインに含まれるポリフェノールの効果も有効であるため健康・美容にもいいとされている(概要はポリフェノールの項を参照)。
引用元:甲州ワインビーフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%B7%9E%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%95

栃木県南西部の足利市で、ホルスタインと和牛の交雑種約700頭を肥育する長谷川農場。
「マール」と呼ばれる、ワインの絞りかすとして出るブドウの果皮や種を与えることで、肉厚で甘みのある脂が特徴の「足利マール牛」のブランド化に成功し、地元の飲食店などで人気を集めています。

元々、長谷川農場から出荷された牛肉は、卸業者を介して「日光高原牛」や「霧降高原牛」として販売されていました。しかし、「『足利』の地名が入っていないと、一番食べてほしい地元の人が食べてくれない」と、地域ブランド牛の生産を目指しました。

2011年、代表の長谷川良光(はせがわ・よしみつ)さんは、障害者施設の敷地内でワインを醸造し国内外から高い評価を受ける地元の「ココ・ファーム・ワイナリー」から、廃棄されるマールの再利用を打診されます。肉を美味しくするビタミンEの効果と、地域の独自色が付けられることに魅力を感じ、独自の飼料として取り入れることを決めます。

マールを使った飼料は、取り引きのあった市内の菓子メーカーの仲介で、佐野市内の精麦所が独自に開発。二条大麦とブドウの絞りかすを混ぜて、発酵加工したものです。2013年夏に「足利マール牛」が誕生、全農肉牛枝肉共励会の交雑種部門において2年連続で最優秀賞を受賞するなど、高評価を受けました。
引用元:廃棄の「ワイン搾りかす」を再利用 ブランド牛と地域を育む“循環型農業” https://agri.mynavi.jp/2018_04_28_26427/