【横浜発祥】

1896年、日本最初の
ケチャップを販売したと
伝えられる店の名前は?
秋水屋
清水屋(答)
温水屋
深水屋
55%

トマトケチャップが横浜発祥って本当ですか?(フランケン面さんのキニナル)
はまれぽ調査結果!

本当です。1903(明治36年)年に横浜の清水與助(よすけ)氏が製造販売を開始したのが、国産ケチャップのはじまりです。

その後、與助氏は、野菜の加工業もはじめる。
出荷に適さない、傷んだトマトの有効利用として、トマトソースを作ってみた。

当初、思うように利益が出なかったため、他のトマト生産者は皆手を引いてしまうなか、與助氏ひとりがトマトケチャップ作りの勉強を続け、1903(明治36)年、製造販売を開始するに至った。

国産トマトケチャップ第一号の誕生だ。
引用元:トマトケチャップが横浜発祥って本当? – [はまれぽ.com] 横浜 川崎 湘南 神奈川県の地域情報サイト https://hamarepo.com/story.php?page_no=1&story_id=472

トマトソース製造やパスタ専門店を経営する「インターフード」(横浜市中区日本大通)が昨年10月から販売している「清水屋ケチャップ」が話題を集めている。横浜で創業した清水屋が製造した国内初といわれるトマトケチャップを再現したもので、香辛料を含む全て有機栽培の素材を使用しているのが特徴。

 復刻は、トマトに関する歴史を調べていたという同社の丸山和俊社長が、横浜市発行の季刊誌「横濱」に掲載された清水屋の記事を偶然見つけたことがきっかけだったという。記事によると清水屋は、横浜子安村(現・神奈川区子安)で西洋野菜の栽培をしていた清水與助氏が加工業に乗り出し1896年に創業したトマトケチャップの製造会社。これは、1903年に日本で最初のトマトソース製造に着手した「カゴメ」よりも早く、国内産トマトケチャップ発祥の地が横浜である可能性が高いといわれている。
引用元:国内初の「トマトケチャップ」を再現-横浜・清水屋 – ヨコハマ経済新聞 https://www.hamakei.com/headline/2922/

日本における歴史[編集]
日本のトマトケチャップは、明治期にアメリカから伝わったものが最初とされる。当時すでにトマトケチャップが主流になっていたアメリカから伝わったため、日本では当初からケチャップといえばトマトケチャップだった[9]。国産製品は1896年(明治29年)に横浜で清水與助が創業した清水屋が、1903年(明治36年)に製造販売を開始したという記録が横浜開港資料館所蔵の資料に残っており、これが最初の国産ケチャップであると考えられる[13]。この清水屋ケチャップは、1913年に南区で開かれた勧業共進会で銅賞を受賞し、宮内庁御用達にもなったという。

1908年(明治41年)には明治屋がトマトケチャップとマッシュルームケチャップの輸入販売を開始する。

同年にはまた、蟹江一太郎(カゴメの創業者)がトマトケチャップの製造販売を開始している[4]。当初カゴメは1905年から二幸ソースの名で発売されていた、後年のブルドックソースを目指して、ウスターソースを製造する目的の、中間生成物として販売したが、当時の日本ではまだほとんど未知の食材であり、色も輸入品より悪かったため、当初の売り上げは芳しくなく、ウスターソース製造を縮小してトマトケチャップに注力した。その後トマトケチャップを用いる料理の普及拡大、殺菌方法を変え仕上がりを改善したこと、積極的な宣伝などが奏功して急速に売り上げを伸ばした。
引用元:ケチャップ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97