【セント・メアリ・ミード村】

次のうち、探偵ミス・マープルが
登場するアガサ・クリスティの
小説を全て選びなさい
『鏡は横にひび割れて』(答)
『七つの時計』【バトル警視】
『ポケットにライ麦を』(答)
『チムニーズ館の秘密』【バトル警視】
『ひらいたトランプ』【エルキュール・ポワロ、バトル警視】
『カリブ海の秘密』(答)
32%

387BQnHoeA
次のうち、探偵ミス・マープルが
登場するアガサ・クリスティの
小説を1つ選びなさい
スリーピング・マーダー(答)
七つの時計 バトル警視
チムニーズ館の秘密 バトル警視
ゼロ時間へ バトル警視
牧師館の殺人(答)
検察側の証人 ロバーツ弁護士
ひらいたトランプ エルキュール・ポワロ バトル警視
カリブ海の秘密(答)
引用元:ミス・マープルの登場作品『スリーピング・マーダー』『牧師館の殺人』『カリブ海の秘密』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%AB/16742/


次のアガサ・クリスティの小説を
発表された順に選びなさい
『スタイルズ荘の怪事件』1920
『アクロイド殺し』1926
『オリエント急行殺人事件』1934
『ABC殺人事件』1936
『そして誰もいなくなった』1939
『ホロー荘の殺人』1946
『鏡は横にひびわれて』1962
『カーテン』1975
56%

CIMG1917KAmbCsqNtriG

カーテンを窓の片側にとめておく
ための留め飾りの名前は?
(画像出題)
ックタバイ
タイバック(答)
引用元:『ABC殺人事件』『鏡は横にひびわれて』『カーテン』 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/36972/

ミス・マープル(ジェーン・マープル、Miss Jane Marple)は、アガサ・クリスティ作の推理小説に登場する架空の老嬢。エルキュール・ポアロに次ぐクリスティ作品の代表的な主人公(名探偵)である。『牧師館の殺人』からクリスティ最後の作品になる『スリーピング・マーダー』まで12の長編と20の短編に登場し人気を集めた。

登場作品[編集]
厳密な初登場作品は1927年に雑誌に掲載された短編「火曜クラブ」である。しかし、短編集『火曜クラブ』が刊行されたのは1932年になり、その2年前の1930年に長編『牧師館の殺人』が刊行されている。そのため初登場作品は『牧師館の殺人』とされる場合が多い。これはポアロものの『アクロイド殺し』『ビッグ4』が発表順ではなく単行本化の順になっているのと同じである。

最後の登場作品となる『スリーピング・マーダー』はマープルシリーズの完結を目的として1943年に執筆され、『カーテン』と共に死後出版の契約が結ばれた。結局生前に刊行された『カーテン』とは異なり、予定通り死後1976年10月に刊行されている。

長編[編集]
1930年:牧師館の殺人 – The Murder at the Vicarage
1942年:書斎の死体 – The Body in the Library
1943年:動く指 – The Moving Finger
1950年:予告殺人 – A Murder is Announced
1952年:魔術の殺人 – They Do It with Mirrors
1953年:ポケットにライ麦を – A Pocket Full of Rye
1957年:パディントン発4時50分 – 4.50 from Paddington
1962年:鏡は横にひび割れて – The Mirror Crack’d from Side to Side
1964年:カリブ海の秘密 – A Caribbean Mystery
1965年:バートラム・ホテルにて – At Bertram’s Hotel
1971年:復讐の女神 – Nemesis
1976年:スリーピング・マーダー – Sleeping Murder
引用元:ミス・マープル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB