『ロシア紅茶の謎』『ブラジル蝶の謎』『スイス時計の謎』

次のうち、有栖川有栖の
「国名シリーズ」で
登場した国を全て選びなさい
ロシア(答)
エジプト
アメリカ
メキシコ
スイス(答)
ブラジル(答)
スウェーデン
フランス
エジプト
25%



次の小説を、作者ごとに
グループ分けしなさい
【有栖川有栖】モロッコ水晶の謎、スウェーデン館の謎、マレー鉄道の謎、スイス時計の謎
【エラリー・クイーン】スペイン岬の謎、エジプト十字架の謎、オランダ靴の謎、フランス白粉の謎、
32%
引用元:【有栖川有栖】水晶館、鉄道時計 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/35753/

「作家アリスシリーズ」(さっかアリスシリーズ)は、有栖川有栖による日本の推理小説のシリーズ。

同作者による「学生アリスシリーズ」と区別のために呼称されているほか、「火村英生シリーズ」・「作家編」などとも呼ばれる。『ロシア紅茶の謎』など、タイトルに国名を冠した作品は特に「国名シリーズ」と呼ばれる。

探偵役である犯罪学者・火村英生と、ワトスン役の推理作家・有栖川有栖(以下アリス)が主な登場人物であり、作品の多くはアリスの一人称で語られる形となっている。大阪・兵庫・京都などの各府県警本部にそれぞれレギュラーの捜査チームが協力者として存在し、非常に細かく描写されている(スピンアウト的な主役作品も存在する)のもシリーズの特徴である。

ロシア紅茶の謎(短編集、国名シリーズ1)
スウェーデン館の謎(国名シリーズ2)
ブラジル蝶の謎(短編集、国名シリーズ3)
英国庭園の謎(短編集、国名シリーズ4)
ペルシャ猫の謎(短編集、国名シリーズ5)
マレー鉄道の謎(国名シリーズ6、第56回日本推理作家協会賞受賞作)
スイス時計の謎(中編集、国名シリーズ7)
モロッコ水晶の謎(中編集、国名シリーズ8)
インド倶楽部の謎(国名シリーズ9)
カナダ金貨の謎(国名シリーズ10、中短編集)

登場人物[編集]
主人公[編集]
火村 英生(ひむら ひでお)
京都の私大・英都大学社会学部の准教授(シリーズ開始時は助教授)。本シリーズの探偵役。32歳〜34歳。独身。
北海道札幌市生まれのあちこち育ちで、両親とは死別。言葉は標準語を使用する。京都市北白川の昔ながらの下宿屋に、大家の篠宮時絵(通称「婆ちゃん」)と3匹の猫たちと共に暮らしている。現在は下宿の唯一の店子である。愛車は廃車寸前のベンツ。愛飲する煙草の銘柄はキャメル。
犯罪社会学を専攻しており、研究の一環としてフィールドワークと称して実際の殺人現場へ赴いては事件を解決しているため、アリスからは「臨床犯罪学者」と称されている。

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
火村の大学時代からの友人。職業は推理作家で、本人によれば年収は同年代の平均的サラリーマンと同程度。専業作家になる前は印刷会社の営業マンだった。本シリーズのワトソン役で、「火村の良き、そして唯一の理解者」と紹介されることもある。32〜34歳。独身。身長175センチメートル。

作者である有栖川有栖とは同姓同名であるがまったくの別人格であり、経歴・趣味・嗜好・思想などにも多少の差異がある。また、作中で彼を「アリス」と呼ぶのは火村だけであるが、雑誌記事やその他メディアなどでは作者とキャラクターを区別する意味合いも兼ねて「アリス」と表記されることが多い。
引用元:作家アリスシリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%9C%E5%AE%B6%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

ロシア紅茶の謎
講談社文庫
ロシアコウチャノナゾ
著:有栖川 有栖 解説:近藤 史恵

国名シリーズ、第1弾! 奇怪な暗号、消えた殺人犯人に犯罪臨床学者・火村英生とミステリ作家・有栖川有栖の絶妙コンビが挑む!
引用元:『ロシア紅茶の謎』(有栖川 有栖,近藤 史恵):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000197635

スウェーデン館の謎
講談社文庫
スウェーデンヤカタノナゾ
著:有栖川 有栖 解説:宮部 みゆき

有栖と火村の名コンビ、国名シリ-ズ第2弾! スウェ-デン館と呼ばれるログハウスに招かれた有栖川有栖が遭遇した驚愕の殺人事件!
引用元:『スウェーデン館の謎』(有栖川 有栖,宮部 みゆき):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000197878

ブラジル蝶の謎
講談社ノベルス
ブラジルチョウノナゾ
著:有栖川 有栖

美しい異国の蝶々に囲まれて殺害された男の意外な過去が、真犯人解明への重要な鍵を握る表題作「ブラジル蝶の謎」。密室から突如、霧のごとく消え去った若いカップルの謎に迫る「蝶々がはばたく」――。おなじみ有栖川・火村コンビの名推理が冴え渡る傑作ミステリ全6編を収録。読者待望の〈国名シリーズ〉第3弾!
引用元:『ブラジル蝶の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000158132

英国庭園の謎
講談社ノベルス
エイコクテイエンノナゾ
著:有栖川 有栖

資産家の人知れぬ”楽しみ”が、取り返しのつかない悲劇へとつながる表題作。日本中に大パニックを起こそうとする”怪物”「ジャバウォッキー」。完璧に偽造された遺書の、アッと驚く唯一の瑕疵(かし)を見事に描いた「完璧な遺書」―─。おなじみ有栖川・火村の絶妙コンビが魅せる全部アタリの絶品ミステリ全6編を収録。
引用元:『英国庭園の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000158187

ペルシャ猫の謎
講談社ノベルス
ペルシャネコノナゾ
著:有栖川 有栖

チェシャ猫の笑いも吹きとぶ謎・謎・謎
ミステリ史上屈指の禁じ手!?が炸裂する表題作、「ペルシャ猫の謎」、名バイプレイヤー・森下刑事が主役となって名推理を披露する「赤い帽子」他、傑作ミステリ6編&ボーナス・トラックとして「猫と雨と助教授と」を収録。臨床犯罪学者・火村英生とミステリ作家・有栖川有栖の名コンビは、さらに華麗に加速する!

人の心にある愛の謎はけっして解くことはできないけれど、それでも部分的にはわかることもあります。男も女も、老いも若きも、善人も悪人も、つまり人間全部に共通する特徴は、孤独ということ。そして猫とちがって、人は1人でそれに耐えられるだけの強さがないのです。猫が人間を支配できるのも、たぶん根底に、人は孤独の中で猫を必要とするという事実があるからでしょう。──ポール・ギャリコ(『猫の教科書』より)
引用元:『ペルシャ猫の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000158293

マレー鉄道の謎
講談社文庫
マレーテツドウノナゾ
著:有栖川 有栖 解説:鷹城 宏

国名シリーズ、第6弾! 日本推理作家協会賞に輝く大傑作!
引用元:『マレー鉄道の謎』(有栖川 有栖,鷹城 宏):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000203796

スイス時計の謎
講談社ノベルス
スイスドケイノナゾトケイ
著:有栖川 有栖

圧巻!!
誠実にして精妙なる「有栖川本格」!!

ダイイング・メッセージ、首なし死体、密室……!!

2年に一度ひらかれていた”同窓会(リユニオン)”当日、メンバーの一人が殺害され、被害者のしていた腕時計が消失!犯人の意図に臨床犯罪学者・火村英生(ひむらひでお)と推理作家・有栖川有栖が迫る表題作のほか、ダイイング・メッセージ、首なし死体、密室と、本格ミステリファンには堪えられない超絶品全4編。有栖川有栖の真髄がここに!
引用元:『スイス時計の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000158536

モロッコ水晶の謎
講談社ノベルス
モロッコスイショウノナゾ
著:有栖川 有栖

誘拐、連続予告殺人、毒殺!有栖川本格の鮮やかな論理!
火村&有栖に絶妙コンビがさらに飛翔する!

推理作家・有栖川有栖の眼前で起きた毒殺事件に、臨床犯罪学者・火村英生(ひむらひでお)が超絶論理で挑む表題作ほか、クリスティの名作「ABC殺人事件」をモチーフに書かれた、連続挑戦予告殺人を追う「ABCキラー」、誘拐殺人の陰に潜む悲劇を描く「助教授の身代金」など、研ぎ澄まされた論理が光る有栖川本格全4編を収録。
引用元:『モロッコ水晶の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000158637

インド倶楽部の謎
講談社ノベルス
インドクラブノナゾ
著:有栖川 有栖

自分の死ぬ日が、わかるとしたら……。火村&有栖の絶妙コンビが遭遇する殺人事件とは!? 大人気「国名シリーズ」最新作! 
引用元:『インド倶楽部の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000313502

カナダ金貨の謎
講談社ノベルス
カナダキンカノナゾ
著:有栖川 有栖

民家で発見された男性の絞殺体――殺害現場から持ち去られていたのは、一枚の「金貨」だった。“完全犯罪”を計画していた犯人を、臨床犯罪学者の火村英生と推理作家の有栖川有栖がロジックで追い詰めていく!表題作「カナダ金貨の謎」ほか、切れ味鋭い中短編「船長が死んだ夜」「エア・キャット」「あるトリックの蹉跌」「トロッコの行方」を収録。待望の〈国名シリーズ〉第10弾!
引用元:『カナダ金貨の謎』(有栖川 有栖):講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000323859