『Phantom Lady』The night was young, and so was he. But the night was sweet, and he was sour.

『幻の女』『裏窓』などの作品で
有名なサスペンス小説の第一人者
は、ウィリアム・◯◯◯◯◯◯?
◯を答えなさい
アイリッシュ(答)
46%

ウィリアム・アイリッシュ(William Irish, 1903年12月4日 – 1968年9月25日)は、アメリカ合衆国の推理作家。本名はコーネル・ジョージ・ホプリー=ウールリッチ(Cornell George Hopley-Woolrich)。主にコーネル・ウールリッチという名前で創作活動を行っていたが、一部の作品ではウィリアム・アイリッシュやジョージ・ホプリーという筆名を使用していた。日本ではアイリッシュ名義の『幻の女』が有名であるためか、ウィリアム・アイリッシュと呼ばれることが多い。

日本の吉原を舞台にした「ヨシワラ殺人事件』(The Hunted)という短編がある。「フジヤマ・ゲイシャ・ハラキリ」調の奇天烈な描写とともに、男尊女卑文化や日本の刑事のがさつさが強調された内容である。

長編の代表作である1942年の『幻の女』は、江戸川乱歩の「新しい探偵小説であり、すぐに訳すべきである」という評価によって日本で圧倒的な知名度を持っている[1]。短編の代表作である1942年の『裏窓』は、アルフレッド・ヒッチコック監督により映画化された。
引用元:ウィリアム・アイリッシュ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

幻の女〔新訳版〕
著 ウイリアム・アイリッシュ
訳 黒原 敏行
ISBN 9784150705541
創立70周年記念作品 不朽の名作、ついに新訳版で登場!

妻と喧嘩し、街をさまよっていた男は、奇妙な帽子をかぶった見ず知らずの女に出会う。彼はその女を誘って食事をし、ショーを観てから別れた。帰宅後、男を待っていたのは、絞殺された妻の死体と刑事たちだった! 唯一の目撃者〝幻の女″はいったいどこに? 新訳で贈るサスペンスの不朽の名作。解説/池上冬樹
引用元:幻の女〔新訳版〕 | 種類,ハヤカワ・ミステリ文庫 | ハヤカワ・オンライン https://www.hayakawa-online.co.jp/shopdetail/000000013088/

1944年製作のアメリカ映画。原題《Phantom Lady》。ウィリアム・アイリッシュの同名サスペンス小説の映画化。監督:ロバート・シオドマク、出演:エラ・レインズ、フランチョット・トーン、アラン・カーティス、トーマス・ゴメスほか。

米国の作家ウィリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチの筆名)の傑作サスペンス(1942)。原題《Phantom Lady》。「夜は若く、彼も若かったが、夜の空気は甘いのに、彼の気分は苦かった」の書き出しは有名。1944年ロバート・シオドマク監督で映画化。
引用元:幻の女とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%B9%BB%E3%81%AE%E5%A5%B3-739891