【杉原三姉妹マザコン】

次のうち、赤川次郎が書いた
シリーズ物を全て選びなさい
「マザコン刑事」シリーズ(答)
「杉原爽香」シリーズ(答)
「三姉妹探偵団」シリーズ(答)
「アルバイト探偵」シリーズ【大沢在昌】
「学生アリス」シリーズ【有栖川有栖】
「小市民」シリーズ【米澤穂信】
40%

赤川 次郎(あかがわ じろう、1948年2月29日[1] – )は、日本の小説家。福岡県福岡市博多区出身[2]。血液型はA型[3]。桐朋高等学校卒業[1]。1996年度より金沢学院大学文学部客員教授。父親は元満洲映画協会、東映プロデューサーの赤川孝一[4]。「赤川次郎」は本名である[1][4]。

1976年、28歳の時に「幽霊列車」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、小説家デビュー[1]。1978年には当時主に社会派ミステリーを発行していた光文社カッパ・ノベルスから出版された『三毛猫ホームズの推理』が異色作としてヒットし脚光を浴びる[1][7]。これを契機に小説の依頼が増え、睡眠時間が取れないほど多忙になっただけでなく原稿料収入も給料の2倍程になったため、妻にも背中を押されて退社を決意[1][7]。12年のサラリーマン生活を終え、30歳で専業作家となる[1]。その直後に『セーラー服と機関銃』を発表した[1]。1980年、『上役のいない月曜日』が第83回直木賞候補となる。その後も「三姉妹探偵団」シリーズや「杉原爽香」シリーズなど、さまざまな人気シリーズを生み出す[4]。難解な表現をあえて避けた優しい文章と軽妙な表現を得意とし、余人に真似ができないスタイルを構築しており、2015年現在でも年に10冊の執筆をするなど創作意欲は衰えない[7]。推理小説(ユーモアミステリー)のほか、ホラーや青春ものなど作品のジャンルは多岐に及ぶ[1]。

三毛猫ホームズシリーズ
詳細は「三毛猫ホームズシリーズ」を参照
三姉妹探偵団シリーズ
詳細は「三姉妹探偵団」を参照
幽霊シリーズ
詳細は「幽霊シリーズ」を参照
大貫警部(四文字熟語)シリーズ
詳細は「大貫警部」を参照
華麗なる探偵たち(第九号棟)シリーズ
詳細は「華麗なる探偵たち」を参照
杉原爽香シリーズ
詳細は「杉原爽香」を参照
子子家庭シリーズ
詳細は「子子家庭は危機一髪」を参照
早川一家シリーズ
詳細は「早川一家」を参照
吸血鬼シリーズ
詳細は「吸血鬼はお年ごろ」を参照
悪魔シリーズ
詳細は「悪魔シリーズ」を参照
鼠シリーズ
詳細は「鼠、江戸を疾る」を参照
引用元:赤川次郎 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%B7%9D%E6%AC%A1%E9%83%8E

『三姉妹探偵団』(さんしまいたんていだん、Three Sisters Investigate)は、赤川次郎の推理小説シリーズ。すべて長編で、24作目までは講談社の月刊文芸雑誌「小説現代」に掲載された後、講談社ノベルスに収録され、その後講談社文庫に収録されていたが、第25作目となる「三姉妹探偵団 三姉妹、恋と罪の峡谷」は講談社が発行する月刊の文芸PR誌・文庫情報誌である『IN★POCKET』の2017年1月号から連載されている。ほぼ年1作のペースで新作が出されており、2017年現在、ノベルス及び文庫で24巻が発売されている。

1995年、脚色された『四姉妹物語』で映画化(出演は清水美砂・牧瀬里穂・今村雅美・中江有里)。

また、1986年2月20日にフジテレビで単発ドラマとして放送。その後、1998年1月10日から3月21日にかけて日本テレビ系列にてテレビドラマ化され、土曜夜21:00 – 22:00に放送されていた。2008年1月から3月には、「4姉妹探偵団」として朝日放送・テレビ朝日系列で再ドラマ化された。
引用元:三姉妹探偵団 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%A7%89%E5%A6%B9%E6%8E%A2%E5%81%B5%E5%9B%A3

杉原 爽香(すぎはら さやか)は、赤川次郎の小説に登場する架空の人物、および彼女を主人公とするミステリーシリーズである。

『杉原爽香シリーズ』概要[編集]
「登場人物が読者とともに年齢を重ねる」という世界的にも例の少ない「長期的なsequel(連続小説)」をコンセプトとして書かれており、1988年に15歳でデビューした杉原爽香は 2018年現在で45歳。約30年に及ぶ長期シリーズとなり、一作一作が独立した作品ではあるが、もはや sequelというよりは超長期連載の様相となってきた。物語の性質上、毎年何らかの形で爽香が事件(多くの場合は殺人事件)に巻き込まれる形となっている。文庫本の出版元は光文社。すべてのタイトルに色の名前が含まれているのも、特徴的(参考:日本の色の一覧)。どの作品も、文庫の表紙には、題名のアイテムの絵が描かれる。また、文庫には挿絵のページがないため、約30年に及ぶ連載の中で、文庫収録時には、爽香たち登場人物の姿の絵が掲載されたことは一切ない。
引用元:杉原爽香 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%8E%9F%E7%88%BD%E9%A6%99

マザコン刑事の事件簿
〈新装版〉

マザコン刑事の事件簿
著者 赤川次郎 著
ジャンル 文庫
文庫 > 徳間文庫

警視庁捜査一課の大谷努警部は30代半ばの二枚目でモテモテだが、大変なマザコン。ハンサム警部と美人刑事・香月弓江の名コンビが、殺人現場にまで三段弁当を差し入れするママに振り回される、軽妙洒脱なユーモア・ミステリー。
人気シリーズ第一作が、新装版になって登場!
引用元:マザコン刑事の事件簿 – 徳間書店 https://www.tokuma.jp/book/b502813.html

アルバイト探偵
講談社文庫
アルバイトアイツウカイアクションミステリー
著:大沢 在昌

不良私立探偵の親父を助け高校生隆(リュウ)が大活躍。

冴木涼介は六本木の私立探偵。ずぼらで女好きの不良親父だがヒゲの似合う顔つきで見てくれは悪くない。1人息子の隆はツッパリにもオタクにもならず適度な不良する高校生だが事件があれば親父が最も信頼するパートナー、アルバイト探偵(アイ)としてバイクを飛ばす。美人家庭教師麻里さんが持ち込んだ依頼とは?
引用元:『アルバイト探偵』(大沢 在昌):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000197157

「学生アリスシリーズ」(がくせいアリスシリーズ)は、有栖川有栖による推理小説のシリーズ。「江神二郎シリーズ」・「学生編」などとも言われる。

1988年~1990年の日本を舞台に、京都の私大・英都大学の推理小説研究会「英都大学推理小説研究会(以下EMC)」の部員たちが旅先で自然災害などに見舞われて孤立し、脱出不可能の状況で殺人事件に遭遇するというクローズド・サークル物の長編シリーズである。シリーズの短編は本編の番外編といった趣となり日常の謎がテーマとなる。洗練された本格推理小説としてだけでなく、若者たちの将来への不安やもどかしい恋愛を描いた青春ミステリー小説としても評価が高い。
引用元:学生アリスシリーズ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

小市民シリーズ
しょうしみんしりーず

小市民シリーズとは、小鳩常悟朗と小佐内ゆきを主人公にした一連の推理小説シリーズ、及びそのコミカライズ作品の通称である。作者は米澤穂信。

概要
小市民シリーズとは、創元推理文庫より発行された「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」「秋期限定栗きんとん事件(上 / 下)」の推理小説シリーズ三作の総称である。ちなみに「冬季限定」で完結する予定。
引用元:小市民シリーズ (しょうしみんしりーず)とは【ピクシブ百科事典】 https://dic.pixiv.net/a/%E5%B0%8F%E5%B8%82%E6%B0%91%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA