【棋聖戦(囲碁)】読売【ヒューリック杯棋聖戦】産経

囲碁のタイトル戦で
「棋聖戦」を主催するのは?
産経新聞

読売新聞(答)
毎日新聞
夕刊フジ
42%

棋聖と呼ばれた人物[編集]
「棋聖」と尊称されるのは、歴代名手の中でも卓越した実績を残した江戸時代の本因坊道策(前聖)と本因坊丈和(後聖)である。近年では本因坊秀策も棋聖の一人と数えられることもある[1][2]。また中国出身で日本で活躍し、全棋士を先相先以下に打ち込むなど輝かしい実績を残した呉清源は、「昭和の棋聖」と呼ばれている。

中国では清代初期の黄龍士に対して使っていたが、1988年に中国囲棋協会から聶衛平に棋聖の称号が与えられた。

棋聖戦[編集]
「棋聖」を冠する棋戦は世界にいくつかある。

日本[編集]
1976年に棋聖戦が創設される。読売新聞社主催。国内棋戦の3大タイトルのひとつ、賞金が最高額(2009年現在、4500万円)で、タイトル序列1位である。またタイトル戦では現在唯一、2年に一回海外対局を行なう。現在の棋聖は井山裕太で、8連覇中。

また、女流棋戦にもNTTドコモが協賛する女流棋聖戦がある。創設は1997年。
引用元:棋聖 (囲碁) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E8%81%96_(%E5%9B%B2%E7%A2%81)

棋聖戦(きせいせん)は、産業経済新聞社主催の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。五番勝負の勝者は棋聖のタイトル称号を得る。

産経新聞社主催の棋戦としては、1951年に開始した一般棋戦の産経杯が源流である。産経杯は1954年に準タイトル戦の早指し王位決定戦となり、さらに1960年からはブロック紙三社連合の協力を得てタイトル戦の王位戦に格上げとなった。1962年に産経新聞は王位戦を離脱し、新たに棋聖戦を開始した[1]。当初は年2回(前期・後期)開催だったが、1995年からは年1回に変更。2018年4月からはヒューリックが特別協賛に入り、正式名称をヒューリック杯棋聖戦とすることとなった[2]

タイトル名の「棋聖」は、本来は将棋・囲碁に抜群の才能を示す者への尊称であった。将棋では、特に、江戸時代末期に現れた、不世出の天才棋士・天野宗歩を指すことが多く、天野には十三世名人の関根金次郎によって棋聖の称号が贈られている。また、護国寺には、小菅剣之助・関根金次郎らによって八代伊藤宗印を記念する「棋聖宗印之碑」が建立されている。
引用元:棋聖戦 (将棋) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%8B%E8%81%96%E6%88%A6_(%E5%B0%86%E6%A3%8B)