【ニクマロロ島遭難説】

女性初の大西洋横断飛行を
達成したアメリア・エアハートが
1937年に消息を絶った時に
乗っていた飛行機は?
ロッキード・エレクトラ(答)
スピリット・オブ・セントルイス
ベルX-1
バターン号
49%

アメリア・メアリー・イアハート(Amelia Mary Earhart [əˈmiːliə ˈɛərhɑrt][1]、1897年7月24日 – 1937年7月2日)は、アメリカの飛行士。

概要[編集]
1927年のチャールズ・リンドバーグの快挙に続き、女性として初めての大西洋単独横断飛行をしたことから、ミス・リンディの愛称がある。知的かつチャーミングな女性であったため、当時から絶大な人気があり、彼女の名前を冠された商品も多岐にわたっていた。これらは出版人であった夫のジョージ・パットナム(英語版)の協力と手腕であったとされる。最期のフライトも、7月4日の国民的祝日のアメリカ独立記念日にアメリカ本土到着を計画したもの、との見方がある。

1937年(昭和12年)には赤道上世界一周飛行に挑戦するが、同年7月上旬に、南太平洋において行方不明となった[2]。その後アメリカ海軍と大日本帝国海軍により大規模な捜索が行われたが、機体の残骸や遺体が発見されなかったことから、イアハートの失踪が「ミステリー」として取り上げられることとなった。

アメリカでは今も代表的国民ヒロインの一人(スミソニアン博物館所蔵品の3Dデータ公開ではライト兄弟機と同時に彼女のフライトスーツが公開された)であり、さらに謎めいた最期のために、未だにSF・フィクションの世界では彼女の登場するものが少なくない。

また、イアハートは自身の体験を通じ、女性の地位向上のために熱心な活動を行い、ゾンタクラブ(英語版)の主要メンバーとして活躍していた。今もイアハートの名前を冠した奨学金制度(大学院課程で航空関連の科学や技術を学ぶ女性対象)が運営されている(2012年現在も活動が続いている)。

これらのことから、昨今、ナンバー1でなくても切り口を変えればナンバー1になりうる、としてマーケティング分析分野では「アメリア・イアハート効果」という語も生まれている[3]。
引用元:アメリア・イアハート – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88

ロッキード L-10 エレクトラ(Lockheed L-10 Electra)とは、アメリカ合衆国の航空機メーカーであったロッキードが、ダグラス・エアクラフトのDC-2やボーイング社のボーイング247に対抗するために開発した全金属単葉のレシプロ双発民間旅客機である。

概要[編集]
ロッキードL-10(以下、エレクトラ)は、ロッキード(子会社のロッキード・デトロイトでは、ロッキード・オリオンのように金属製の機体が一部製造されていた)で最初に開発された全金属単葉の近代的旅客機であった。なお、エレクトラとはプレアデス星団にある星の名から取られている。これはロッキードの機体の愛称は星の名が付けられていた為である。

エレクトラの風洞実験はミシガン大学で行われたが、この時学生として立会い、後にロッキードに入社しスカンクワークスを率いたケリー・ジョンソンがいた。また彼はエレクトラの設計に大きな影響を与えた。エレクトラは1934年2月23日に初飛行した。

エレクトラの機体を操縦した著名人にアメリカの女性飛行士のアメリア・イアハートがいる。彼女は1937年7月に世界一周飛行のためにエレクトラに搭乗していた際に南太平洋で消息を絶った。

また、1936年には日本海軍が双発練習機の参考実験機として1機を輸入し、ロッキード・エレクトラ飛行機(略符号KXL1)と称した[1]。
引用元:ロッキード L-10 エレクトラ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%89_L-10_%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%A9

ニクマロロ島(ニクマロロとう、Nikumaroro)とはキリバス西部、フェニックス諸島に属する島。

概要[編集]
以前はガードナー島と呼ばれていた。典型的な環礁島であり、長さ約6km、幅約2kmの細長く小さい島である。

イアハート[編集]
赤道上世界一周飛行に挑戦中だったアメリカの飛行士、アメリア・イアハートが遭難したのはこの付近であると考えられている[1]。遭難から3年後の1940年の捜索で白人女性の物と見られる骨が見つかっているが当時の技術ではアメリア本人の物とは特定出来ず、さらに第二次世界大戦中の混乱で骨も紛失してしまっている。

2007年に「タイガー (TIGHAR)」という研究グループが、古い女性用の靴や化粧用品の残骸と見られる遺留物を本島で発見しているが、アメリアの物である証拠は得られなかった。2012年には周辺海域のソナー調査で機体の瓦礫らしき物が見つかり、後にアメリアの愛機であったロッキード・エレクトラ10Eの部品であったと判明している。

また、2018年には、骨格の再調査が行われ、ニクマロロ島で1940年に発見された骨がアメリアのものであった可能性が高いとする研究成果が発表されている[2]。

以上の様々な状況から、アメリア・イアハートが遭難の末に辿り着き、最期の時を迎えるまで過ごしたのは、このニクマロロ島なのではないかという説を支持する人が多い。
引用元:ニクマロロ島 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AD%E3%83%AD%E5%B3%B6

Gardner Island hypothesis

Gardner (Nikumaroro) Island in 2014. “Seven Site” is a focus of the search for Amelia Earhart’s remains.
The Gardner Island (Nikumaroro) hypothesis assumes that Earhart and Noonan, having not found Howland Island, would not waste time searching for Howland. Instead, they would turn to the south and look for other islands. The 157/337 radio transmission suggests they flew a course of 157° that would take them past Baker Island; if they missed Baker Island, then sometime later they would fly over the Phoenix Islands, now part of the Republic of Kiribati, about 350 nautical miles (650 km) south-southeast of Howland Island. The Gardner Island hypothesis has the plane making it to Gardner Island (now Nikumaroro), one of the Phoenix Islands.

In 1998, an analysis of the measurement data by forensic anthropologists found instead that the skeleton had belonged to a “tall white female of northern European ancestry”.[231] However, a 2015 review of both analyses concluded that “the most robust scientific analysis and conclusions are those of the original British finding indicating that the Nikumaroro bones belonged to a robust, middle-aged man, not Amelia Earhart.”[232]

In July 2017, staff from the New England Air Museum notified TIGHAR that the unique rivet pattern of the aluminum panel precisely matched the top of the wing of a C-47B in the museum inventory;[citation needed] particularly significant since a C-47B crashed on a nearby island during World War II and villagers acknowledged bringing aluminum from that wreck to Gardner Island.[233] As of November 2018, TIGHAR has not published this new information.

A 2018 study by American anthropologist Richard Jantz (one of the authors of the 1998 TIGHAR report) estimated the size of Earhart’s skeleton based on photographs and reanalyzed the earlier data using modern forensic techniques. Based on measurements of 2,700 Americans who died in the mid-20th century, the study concluded that Earhart’s bone measurements more closely matched the Nikumaroro bones than 99% of the reference sample.[234] However, others criticized the study for being based on little factual evidence (in particular seven measurements from the skeleton done in 1941, combined with estimates about Earhart’s size based on photos) and doubted the accuracy of those measurements.[235] The study did not attempt to dispute the original examiner’s reinforced, expert conclusions regarding the age of the bones (at least six years older that Earhart’s age at the time of her disappearance and possibly older) but acknowledges that Hoodless was qualified to make that assessment.[207][208] Yet, despite the obvious errors, assumptions, and guesstimates in Jantz’s research, Ric Gillespie, TIGHAR’s Executive Director, appeared on BBC World News shortly after the findings were announced to state “This is quantification of data. This is real science.”[236]
引用元:Amelia Earhart – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Amelia_Earhart

スピリット・オブ・セントルイス号(英語:Spirit of St. Louis)とは、1927年5月21日にチャールズ・リンドバーグによって、ノンストップでの大西洋横断単独飛行に成功したライアン・エアラインズ(英語版)社(後のライアン・エアロノーティカル(英語版)社とは別法人)製の単発機ライアン NYP-1の愛称である。愛称はリンドバーグによって名付けられた。

製造者による機体名「NYP-1」は、この機体の唯一の目的である飛行区間「ニューヨーク・パリ」のイニシャルを取って命名された。チャールズ・リンドバーグの依頼を受け、1927年にライアン・エアラインズの技術者ドナルド・A・ホール(Donald Albert Hall 1898-1968)らによって設計され、1機のみ製作された。
引用元:スピリットオブセントルイス号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AA%E3%83%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%A4%E3%82%B9%E5%8F%B7

ベルX-1(Bell X-1)とは、アメリカ合衆国のベル・エアクラフトが開発したロケット実験機である。

アメリカ国家諮問委員会(NACA)とアメリカ陸軍航空軍(USAAF)のXプレーンの一環として、ベル・エアクラフトが世界初の超音速機を実現すべく開発・製造した単発式ロケット実験機。

1947年10月14日、50回目のフライトにてXS-1-1(現型式:X-1-1)が最大速度1,299km/h(マッハ1.06)を記録、世界初の超音速水平飛行を達成した。その際のパイロットが、当時のUSAAFに所属していたチャールズ・エルウッド・イェーガー(チャック・イェーガー)大尉である。

超音速を達成した後のX-1シリーズは様々な飛行実験に使用された。
引用元:ベルX-1とは (ベルエックスワンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%99%E3%83%ABx-1

バターン号(バターンごう)はアメリカ陸軍のダグラス・マッカーサー元帥の専用機。マッカーサーが1945年8月30日、厚木海軍飛行場においてアメリカを含む連合国軍による日本占領の第一歩を記したときの乗機として名高いが、これは2機目のバターン号である。
引用元:バターン号 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%8F%B7