神社の「鳥」ニワトリ

300yAqlbLNONj
神社の入口に見られる鳥居の
「鳥」とは、どんな種類を
指している?
ハト
ニワトリ(答)
ツバメ
ワシ

奈良市にある春日大社で
神の使いとされている動物は
鹿ですが

京都市にある松尾大社で
神の使いとされている動物は?



鹿
亀(答)
引用元: 阪急電鉄の駅「中山観音」「服部天神」「松尾大社」 春日神社「鹿」松尾大社「亀」 | わかればいいのに I wish I knew.

伊勢神宮は、皇大神宮(内宮)と、豊受大神宮(外宮)からなる。
外宮は内宮から500年ほど送れて、京都(丹波)から移されました。
その内宮にニワトリが住んでいjます。
神宮ではニワトリが神の使いとされているからで、これを神使といいます。
>これは、【古事記】の以下の故事によるものと思われています。
アマテラスがスサノヲの乱暴振りを恐れ、天の岩戸に閉じこもります。
そうすると地上も高天原もすべて暗闇になってしまいます。
そこで八百万の神が天の安の河原に集まり、思金神に解決策を考えさせます。

すると、常世の長鳴鳥(常世の国から来たニワトリ)を集めて鳴かせ、川上の堅い石を取り、鐵で鏡を作って・・・と、解決策を提示します。
その作戦が見事に当たり、アマテラスを天の岩戸から出す事に成功した・・・。
>神使は、神社によって様々で、一例を挙げますと、以下のとおり。

伊勢神宮・・・ニワトリ
稲荷神社・・・キツネ
石清水八幡宮・・・ハト
春日大社・・・シカ
北野天満宮・・・ウシ
熊野神社・・・カラス
調神社・・・ウサギ
日吉大社・・・サル
松尾大社・・・カメ
三島大社・・・ウナギ
三峯神社・・・オオカミ
引用元: 神社ではなんでニワトリが飼われているのかわかりますか? – Yahoo!知恵袋.