【mola do al】

かつてam/pmが運営して
いたコンビニエンスストア
モラドール(答)
28%

am/pm(エーエム・ピーエム)とは、アメリカ合衆国を中心に世界展開するコンビニエンスストアである。

世界のam/pm[編集]

1978年にアメリカ合衆国の石油元売のArco(英語版)が、ガソリンスタンドの集客力を挙げる目的でコンビニを併設させた店舗をカリフォルニア州に開店した。店名の由来は、午前 (am) でも午後 (pm) でも関係なく24時間営業することから。

日本では、1990年より共同石油(現・JXTGエネルギー)出資の株式会社エーエム・ピーエム・ジャパンが事業展開を開始。2004年にレインズインターナショナルへ資本異動後、2009年に伊藤忠商事が経営権を握るファミリーマートが同社を完全子会社化した。2010年3月1日付けで同社に吸収合併され、ファミリーマートが事業展開するam/pmブランドのコンビニエンスストア・チェーンとなった。その後am/pm店舗は、ファミリーマート店舗への転換もしくは閉鎖が進められ、2011年12月10日に大阪府箕面市と吹田市の最後の2店舗が閉鎖され日本国内から消滅した[2]。

am/pmでは、本社直系の店舗が首都圏とその周辺、エリアフランチャイズにより京阪神、九州地方(宮崎県・鹿児島県を除く)へドミナント展開していた。そのため、山梨県・三重県以外の中部地方と北日本地方(東北・北海道)、中国・四国、宮崎県、鹿児島県および沖縄県には出店していなかった。また茨城県は首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス守谷駅・研究学園駅・つくば駅と阿見町の東京医科大学茨城医療センター内の4店舗のみであり路面店舗はなかった。水戸市にも店舗はなく関東地方の県庁所在地で唯一未出店だった。中国地方では広島県の「Food style」数店舗を除いて出店していなかったが、「Food style」店舗は後に「モラドール」に改称した。

Food style(フードスタイル)
生鮮コンビニ業態として2005年に首都圏などで展開開始。100円均一(当初は98円均一)を謳っているが、100円やその倍数以外の価格の商品も多い。SHOP99(現:ローソンストア100)、99イチバなどの同業他社やスーパーマーケットとの競合、主力商品である野菜の原価上昇などにより赤字店舗が続出したため、2007年9月までにam/pmジャパンの方針で広島県を除く全店が一斉閉店となった。閉店後は別のコンビニチェーンに転換して営業再開する店舗、不動産を譲渡または賃借契約を解除し完全撤退する店舗に分かれた。広島県内の店舗については、H&Bパートナーズ株式会社がフードスタイルとして営業継続していたが、2010年に入ってから「モラドール」に転換している。
引用元:am/pm – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/Am/pm

モラドールは、お客様のために出来ることを、かたちにしていくお店です。
  ■社会の変化・ライフスタイルの多様化
  高齢化社会や単身世帯の増加、家庭内における個食化など、
  社会をとりまく環境は大きく変化しています。そんな中で、生活
  者のライフスタイルも多様化しており、小売業態もそれらにきめ
  細やかく対応していかなければなりません。モラドールは、
  「お客様のために何が出来るか?」というホスピタリティの発想
  に基づき、特徴のある商品とサービスを具体化して、展開して
  いきます。その発想を継続化するために、プラン・ドゥ・チェック
  を繰り返し、常にお客様のニーズ&ウォンツに対応していきます。
引用元:H&Bパートナーズ株式会社 http://www.hb-partners.co.jp/franchise.htm