【ひつじうし,ふたごかにしし,おとめの座…】

次の星座を、12星座占いで
該当する誕生日が、1年の中で
早く登場する順に選びなさい
かに座
しし座
いて座
59%

次のうち、一般的な
「十二星座占い」の星座の
分類を全て選びなさい
月の星座
火の星座(答)
木の星座
水の星座(答)
風の星座(答)
地の星座(答)
【火風水土】

黄道十二星座(こうどうじゅうにせいざ、12 ecliptical constellations)は、黄道が経過している13星座のうち、へびつかい座を除いた12の星座のこと。

なお、現在では専ら西洋占星術においてのみ用いられる「黄道十二宮」は、星座そのものではなく等分した黄道上の領域のことをいう。

おひつじ座(牡羊座、Aries)
おうし座(牡牛座、Taurus)
ふたご座(双子座、Gemini)
かに座(蟹座、Cancer)
しし座(獅子座、Leo)
おとめ座(乙女座、Virgo)
てんびん座(天秤座、Libra)
さそり座(蠍座、Scorpius)
いて座(射手座、Sagittarius)
やぎ座(山羊座、Capricornus)
みずがめ座(水瓶座、Aquarius)
うお座(魚座、Pisces)
歴史[編集]
これらの12星座は、メソポタミア起源で、てんびん座を除けばすべてシュメール時代までさかのぼることができる。その後、惑星(太陽や月も含む)の通り道にあたるこの場所は重要視され、天体観測もこの黄道十二星座がある黄道帯を中心に行われるようになった。シュメール→バビロニア→アッシリア→ペルシア→ギリシアと伝来するたびに、いろいろな変化を経てきたものの、遅くともバビロニア時代には現在の12サインに該当する12星座(現在の12星座と同じではないが)が成立していた。

黄道十二星座は、メソポタミアで星占を取り仕切っていた神官によって設定されたといわれる。
引用元:黄道十二星座 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%81%93%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%98%9F%E5%BA%A7

黄道十二星座のすばらしい暗記の方法、語呂合わせについて知っている方教えてください

H.A.レイ著「星座を見つけよう」(福音館書店)の巻末の索引(兼・用語辞典)に,こんなのが載っていました。

ひつじうし,ふたごかにしし,おとめの座
てんびんさそりいて,やぎみずがめとうお
(レイ氏が作ったとは考えにくいので,おそらく翻訳者の草下英明さんの作でしょう)

ただ,後半がかなり字余りなので,私はこんなふうに直しています。
ひつじうし,ふたごかにしし,おとめの座
てんびん誘いて,やぎ水と魚
(解釈例)
ある動物園の情景。
羊と牛を掛け合わせた「ひつじうし」や,蟹と獅子をかけあわせた「かにしし」の双子などの珍動物が一杯いる。
そこに客としてやってきた美しい一人の乙女。
てんびん君という男性に「一緒にお食事でもいかがですか」と声をかけた。
レストランで,「体にいいやぎ水」という,「力水」(注 商品名。キリンの清涼飲料水)をバージョンアップさせた新商品と,魚料理を,二人で仲良く食べている。

中学生の女の子に「これを絵にしてみて」といったら,非常に分かりやすい4コママンガを書いてくれたことがありました。ここに載せられないのが残念です。
「すばらしい暗記」というには無理がありそうですが,参考までに…。
引用元:黄道十二星座の覚え方 -黄道十二星座のすばらしい暗記の方法、語呂合わ- 宇宙科学・天文学・天気 | 教えて!goo https://oshiete.goo.ne.jp/qa/364349.html

サイン(英語: sign)またはアストロロジカル・サイン(英語: astrological sign)は、西洋占星術などのホロスコープを用いる占星術において、黄道帯(または、獣帯)を黄経で12等分したそれぞれの領域。黄道帯(zodiac)とは、天球上の黄道を中心とした、惑星(太陽・月などを含む)が運行する帯状の領域である。サインは古くは宮(きゅう)と呼ばれていた。12のサインを合わせて十二宮や黄道十二宮と言う。

なお、12サインの基点である白羊宮の0°をどこに定めるかは、占星術の流派などによってさまざまだが、大きく分けてトロピカル方式とサイデリアル方式のふたつに分類できる。西洋占星術ではトロピカル方式、インド占星術ではサイデリアル方式が主流である。

西洋占星術でサインと同様に黄道帯を12分する概念に「ハウス」があるが、ハウスがより具体的な事柄を扱うのに対して、サインはより基本的な性格・性質を司る。

性別とエレメント[編集]
12のサインは男性サインと女性サインに二分され、地水火風の四つのエレメントに従った四分割でグループ化される[2]。エレメントによる分割で同じグループに属しているサインは相性がいいとされている[2]。 男性星座は主として外に向かうエネルギーを持っており、積極的・躍動的であるとされる。逆に、女性星座は主として内に向かうエネルギーを持っており、消極的・内省的であるとされる[1]。男性星座・女性星座はそれぞれプラス星座・マイナス星座と呼んでもよいことになっている[1]。
引用元:サイン (占星術) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3_(%E5%8D%A0%E6%98%9F%E8%A1%93)