カインチュア【ベトナム】

トムヤンクンは
タイのスープですが
シニガンはどこの国のスープ?
タイ
中国
インドネシア
フィリピン(答)
61%

連想
小さな赤い果実
西アフリカ原産の果物
アカテツ科
次に食べたものを甘く感じる
ミラクルフルーツ(答)
abgnquzggow
引用元:Synsepalum dulcificum – Wikipedia, the free encyclopedia https://en.wikipedia.org/wiki/Synsepalum_dulcificum

連想
トロピカルフルーツ
別名は「チョウセンモダマ」
フィリピンのスープ「シニガン」
インドの調味料「チャツネ」
タマリンド(答)
hegsxxyelbq
引用元:Tamarindus indica – Wikipedia, la enciclopedia libre https://es.wikipedia.org/wiki/Tamarindus_indica

連想
東南アジア原産の果物
カタバミ科
和名は五斂子(ごれんし)
切り口が星の形
スターフルーツ(答)
ntmwofdxdhw
引用元:スターフルーツ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84

連想
ハート型で白い果肉
ペルー原産
カスタードアップル
別名「森のアイスクリーム」
チェリモア(答)
mvcxywhamaf
引用元:Annona cherimola – Wikipedia, la enciclopedia libre https://es.wikipedia.org/wiki/Annona_cherimola

連想
クスノキ科
ワニナシ
別名「森のバター」
カリフォルニアロール
アボカド(答)
引用元:「ジャックフルーツ」バングラデシュのクワ科の果物 世界最大級 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/30299/

シニガン(タガログ語: Sinigang)は、フィリピンで主に作られている、タマリンド(タガログ語: sampalok)を用いた酸味のあるスープもしくはシチューである。フィリピン料理を代表する料理の一つであり、類似の料理としてマレーシア料理の「シンガン」(singgang)がある。

シニガンは現代ではフィリピン全域で見られる料理であるが、元々はタガログ人の間で食べられていた料理であり、ビサヤ諸島やミンダナオ島で見られるシニガンは味付けが異なる(主にショウガを加える事が多い)。また、一般的に魚醤を加えて作ることが多い。
引用元:シニガン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%8B%E3%82%AC%E3%83%B3

タマリンド(英: tamarind、学名:Tamarindus indica)は、マメ科ジャケツイバラ亜科[1]タマリンド属の常緑高木。タマリンド属で唯一の種である。果実が食用になる。別名、チョウセンモダマ。

食用[編集]
料理の酸味料や食品添加物の増粘安定剤として用いられる他、ピクルス、シロップ、清涼飲料水に加工されるなど、利用範囲の非常に広い果実である。その他に甘みと酸味を楽しむために生食、ドライフルーツ、砂糖漬け、塩漬けなどに加工される。香りの主成分はフルフラール、2-アセチルフランなど。

種子の胚乳部分から抽出して得られたものから、食品添加物としての多糖類を主成分とする増粘安定剤のタマリンドガム(タマリンドシードガム)を製造する。

調味料として[編集]
酒石酸とクエン酸による強い酸味をもつ黒褐色の果肉が使われる。果肉だけを集めて固めた数百gのブロックか、浸出したエキスの形で売られるのが一般的である。ブロックのものは水に浸して、ペーストのようになったものを調理に用いる。

インド料理では果肉を熱湯に溶かしてチャツネを作る他、サーンバールやラッサムの酸味づけに用いる。インドのマクドナルドでは、マクイムリー(McImli:「イムリー」(इमली)とはヒンディー語でタマリンドの意)というタマリンドソースをつけてもらうことができる。

タイ料理のトムソムやフィリピン料理のシニガンの酸味づけにもタマリンドが欠かせない。イラク中部と南部ではドルマの酸味づけにタマリンドを用いることがある。

ベトナム料理の甘酸っぱいスープであるカインチュアの酸味づけにもタマリンドを用いる。
引用元:タマリンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%89

カインチュア (ベトナム語:Canh chua/羮䣷) はベトナム南部のメコンデルタ地域の特色あるスープである。近年は近隣のホーチミン市はもちろんハノイなど北部でも広く食されている。

概要[編集]
カインチュアのcanh は「澄んだおつゆ」、chua は「酸っぱい」を意味し、文字通り酸味のあるスープである。スープの酸味は一般にタマリンド(メー、me)によって出される。タマリンドは少量を湯に入れてしばらくかき混ぜ、酸味がよく出てからスープに加える。

タマリンドの他、メコン川から獲った魚、パイナップル、トマト、モヤシで出汁を作り、具として他にオクラ、ハスイモ (dọc mùng, bạc hà) などの野菜を使うこともある。カインチュアの具に合わせて、レモンのような香りのハーブであるシソクサ (ngò ôm) 、炒めたニンニク、ぶつ切りにしたネギの他、ベトナミーズコリアンダー (rau răm)、オオバコエンドロ (ngò gai)、タイバジル (rau quế) 等のハーブが薬味として添えられる。

火鍋で作るカインチュアは、ラウ・カインチュア(lẩu canh chua)と呼ばれる。
引用元:カインチュア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%82%A2