舞鶴市、呉市【都市伝説】

日本で初めて「肉じゃが」が
作られたのは、留学先で食べた
ビーフシチューの味を再現
させようとした誰の発案だった?
福沢諭吉

東郷平八郎(答)
伊藤博文
森鴎外
56%

馬鹿芋
八升芋
六月芋
二度芋
ジャガイモ(答)
タロイモ
ヤマイモ
サトイモ


農林1号
高系14号
紅あずま
金時
サツマイモ(答)

連想
トヨシロ
インカのめざめ
メークイン
男爵
ジャガイモ(答)

四択
現在「片栗粉」として市販されているものの大半は、実際には何から採ったデンプン?
ジャガイモ(答)

文字パネル
アジア地域で生産される芋の分類で、サトイモ科の地下茎を食用にする物の総称は?
タロイモ(答)

ですが、ヤマノイモ属に属する物の総称は?
ヤムイモ(答)

連想
石川早生
八つ頭
セレベス
えびいも
サトイモ(答)

四択
旧暦8月15日に月を鑑賞する行事「芋名月」の「芋」とはどんな種類の芋のこと?
サトイモ(答)

キューブ
アルツハイマー病を改善する作用がある、ヤマイモに含まれる成分
ジオスゲニン(答)

CIMG72101FGMWARbXuZd
じゃがいもの品種「男爵イモ」の
名の由来になった男爵の名は
川田◯◯?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
りょうきち
「川田龍吉」かわだちょうきち

108NHyuqQN
日露戦争の日本海海戦で
連合艦隊の戦艦を務め
司令長官の東郷平八郎が
乗り込んだ戦艦の名前は?
松濃
三島
信笠
三笠(答)

006hgEIPHVlpu
終戦の翌日に割腹自殺して
亡くなった元海軍中将で
一般に「特攻の生みの親」
として知られるのは?
大西平太郎
小玉源三長
東郷満八介
大西瀧治郎(答)

CIMG1717yIvummNlQmcg
シベリアでナチスに迫害された
多数のユダヤ人の命を救った
ことから、イスラエルで「建国
功労者」とされる日本人は?
淵達順一助
伊田季二介
樋石美之郎
樋口季一郎(答)
ひぐちきいちろう

スロット
第二次世界大戦の真珠湾攻撃で「奇襲ニ成功セリ」という意味の暗号文「トラトラトラ」を打電した日本の海軍中佐は?
淵田美津雄(答)
ふちだみつお

タイピング
日露戦争中に血の日曜日事件などロシア革命の支援工作を画策した日本の外交官は○○元二郎?
あかし(答)
「明石元二郎」

CIMG5478
次の歴代連合艦隊司令長官を
その任に就いたのが
早い順に選びなさい
米内光政 23代
永野修身 24代 
山本五十六 27代
引用元:「三笠」日露戦争で旗艦 東郷平八郎司令長官 「大西瀧治郎」特攻の生みの親 「樋口季一郎」オトポール事件「イスラエル建国の功労者」 「淵田美津雄」トラ・トラ・トラ打電 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e6%96%87%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/23633/

線結び
次の「ラム」と読む英単語とその意味の正しい組み合わせを選びなさい
rum───ラム酒
ram───牡羊
lamb───仔羊

肉じゃが(にくじゃが)は、日本の煮込み料理の一つである。「肉じゃが」と呼称されるのは、1970年代中盤以降とされる[1]。

概要[編集]
肉じゃがは、肉・じゃがいも・玉ねぎ・糸こんにゃくなどを油で炒めてから、醤油・砂糖・みりんで甘煮にしたもの。 肉は、牛肉、豚肉、鶏肉などが使用される。カレーライスと同じ素材を使うために補給の都合がよく[2]、軍隊の食事として全国的に導入された。

肉じゃがはドミグラスソースもルーも入れないので、見た目はアイルランドの国民的料理であるアイリッシュシチューに類似する。

誕生の経緯および都市伝説[編集]
広く流通している都市伝説として、1870年(明治3年)から1878年(明治11年)までイギリスのポーツマス市に留学していた東郷平八郎が留学先で食べたビーフシチューの味を非常に気に入り、日本へ帰国後に艦上食として作らせようとしたが、命じられた料理長はビーフシチューを知らず、東郷の話からイメージして醤油と砂糖を使って作ったのが始まりという話がある。しかし、当時の日本では既にビーフシチューやその変形であるハヤシライスが洋食屋での一般的メニューとして存在していた。また、東郷が舞鶴や呉に赴任する前の1891(明治24)年に制定された日本海軍の『五等厨夫教育規則』に「シチュウ仕方」すなわち「シチューの作り方」と書かれていることから、当時すでに海軍ではビーフシチューのレシピが制定されていたことがわかる。それに、牛肉を醤油と砂糖で煮るのは牛鍋や牛肉の大和煮と同様の手法であることなどから、代用したという説は、単なる都市伝説に過ぎない[2]。この都市伝説は、1990年代中ごろに舞鶴市が町興しのため「舞鶴に赴任した東郷平八郎が肉じゃがを作らせた」として宣伝したことが始まりである[3]。

発祥の地論争 (※諸説あり)[編集]
1988年、とあるテレビ局のディレクターが「肉じゃがの起源は海軍、舞鶴市にルーツがあった」という番組企画を海軍料理研究家の高森直史に依頼する。高森の協力により、番組では舞鶴で昭和13年の海軍資料に似ている料理があったと放送された[3]。 その後、舞鶴市が1995年(平成7年)10月に「肉じゃが発祥の地」を宣言。1998年(平成10年)3月に広島県呉市も「肉じゃが発祥の地?」(最初に宣言した舞鶴市に配慮して「?」をつけた)として名乗りを上げた。

それぞれ、

舞鶴市 – 東郷平八郎が初めて司令長官として赴任したのが舞鶴鎮守府(現・舞鶴地方総監部)である。
呉市 – 東郷は、舞鶴赴任より10年前に呉鎮守府(現・呉地方総監部)の参謀長として赴任している。
を根拠にあげている。

そこで両市とも大岡裁き的に「舞鶴・呉の双方が発祥地」としている[4]。
引用元:肉じゃが – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%89%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C

アイリッシュシチュー(英: Irish stew)は、アイルランドの料理である。
概要[編集]
アイルランドにおける伝統的な料理であり、家庭の数だけレシピがある[1]。日本料理の肉じゃがに例えられることもある[1]。

羊肉(マトン)の風味によく合う料理と言われ、子羊の肉(ラム)はあまり使用されない[2]。伝統的にはマトンか子ヤギの肉が使われるが、手に入りにくい場合は牛肉かラムで代用する[3]。肉を牛にするとビーフシチューになり、牛肉を入れる場合にはビールを入れて肉を柔らかくする[3]。
引用元:アイリッシュシチュー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%B7%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC

98年には、「くれ食の祭典」で両市がそれぞれ肉じゃがを作り、どちらが元祖か参加者に判定してもらう、というイベントにまで発展する。その結果は、引き分け。現在も、舞鶴市と呉市は「肉じゃが発祥の地」を名乗り続け、争いに決着はついていない。

 だが、東郷平八郎発案説はたぶんに疑わしい。

 ドミグラスソースを使ったハッシュドビーフとライスを組み合わせた「ハヤシライス」は、諸説あるものの、明治初期に誕生している。たとえドミグラスソースが手に入りにくいとしても、お偉いさんから命じられて、砂糖と醤油で代用するなんてことがあるのか。東郷平八郎発案説は、あくまで伝説にすぎないのではないかと、私は考えている。

 また、1918(大正7)年9月8日の東京朝日新聞には、「五銭料理」として「小間切肉の甘煮」が紹介されている。材料は、豚肉、馬鈴薯、胡羅蔔(にんじん)、醤油、砂糖、塩とある。肉が牛ではなく豚なのは、当時高価だった牛肉に代わって、豚肉が安価で普及し始めていたからだ。

 以上から考えて、少なくとも大正期には、肉じゃがらしき料理が一般にも存在していたことは確かだ。ただ、同時期のじゃがいも料理に特化した本を見る限り、肉じゃがらしき料理は出てこない。当時はまだ、マイナーな料理だったのだろう。

 結論から言えば、肉じゃがの発祥が海軍である、という確証はつかめなかった。
引用元:男心を捕える「私の得意料理は肉じゃが」、 さかのぼると海軍の味?|食の安全|JBpress https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/21440?page=2

概要
地方や家庭によって微妙な作り方の差異はあるが、肉、じゃがいも、玉葱、にんじん、絹さや(もしくは、インゲン、グリーンピース)、糸こんにゃく(もしくは、白滝)を、醤油、砂糖、みりん、だし汁などで甘辛く煮込んで作る煮物料理である。肉は、関西では牛肉、関東では豚肉が使われることが多いようである。

肉じゃがの発祥は大日本帝国海軍であるとされている。
日露戦争でバルチック艦隊を撃沈した当時の国民的英雄・東郷平八郎が、イギリス留学中に食べたビーフシチューの味を気に入っており、日本へ帰国した後に艦上食として作らせようとした。しかしビーフシチューに普通使われる赤ワイン・ドミグラスソース・バターなどの材料が入手困難であったため(あるいは曖昧な指示を受けた調理人がやけくそになって)醤油と砂糖を使って作ったのが肉じゃがの始まりであるとされる。

ただしこれには諸説があって、

舞鶴鎮守府の公邸での居住中に料理番の女性に伝えた説
呉鎮守府参謀長時代に主計科員に命じた説
全く別の人物がその日の材料から敢えて違うレシピで調理したという説
もあり(そもそも鎮守府長官と言えば、文字通りその地区の海軍部隊全てのトップであり参謀長にしてもおいそれと部下の献立に口を挟める立場ではないと思われる)断定される資料は出てきていない。

とはいえ、既に明治末年の海軍の料理教科書には「甘煮」(あまに/うまに)という名で掲載されており、後述のレシピで調理することで出来上がる現在の肉じゃがの原型は存在したことが確認出来る。

当時の海軍では、ビタミン不足で脚気や壊血病で倒れる水兵が多く深刻な問題となっていたが、ビタミンという言葉すら生まれていない当時はそれらの病気は原因不明の病気であった。
そういった中で、栄養豊富である肉じゃがは(当時はなぜかわからなかったけど)その問題を解決できる画期的な料理としてもてはやされ、海軍の間に次第に定着していった。
その後兵役を終えた水兵や士官が家庭に伝えて広まったとも言われている。

現在では日本のおふくろの味の代名詞として、家庭料理の代表作となっている。

海軍で定着した際も、家庭料理として定着した際も、カレーと同じ材料で作ることができるという点がポイントになっているようである。料理を作る側からみると、材料の扱いの面で便利な料理でもある。

最近では、上記の伝承による京都府舞鶴市と広島県呉市の両市が「肉じゃが発祥の地」として名乗りを上げ、互いに発祥の地をアピールするなどといった激しいバトル(あるいはバトルにみせかけたPR)も行なわれている。
引用元:肉じゃがとは (ニクジャガとは) [単語記事] – ニコニコ大百科 https://dic.nicovideo.jp/a/%E8%82%89%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C

そもそも日本のカレーライスは旧日本海軍が「発明」したもの。栄養価の高い英国式のスープに改良を重ね、日本人好みにとろみをつけて白米にかけたあのスタイルが出来上がったそうです。その後、兵役を終え横須賀から郷里に返った旧海軍の兵士達がカレーライスを日本全国に広めたとも言われています。

 ところで、実はカレー以外にも、海軍発信の料理があるのをご存知でしょうか? 本書『帝国海軍料理物語―「肉じゃが」は海軍の料理だった』では、タイトルが示す通り、家庭料理としておなじみの「肉じゃが」にも海軍が深く関わっているという説を紹介しています。

「肉じゃが」の誕生には諸説ありますが、ここでは東郷平八郎に由来するという説を取り上げています。

 東郷と言えば、日露戦争でバルチック艦隊を打ち破った海軍司令官。ある時、英国留学時代に味わったビーフシチューが忘れられなかった東郷は、料理長に命じて、これを作らせることにしました。ところがこの料理長はビーフシチューのデミグラスソースを知らなかったので「牛肉、にんじん、たまねぎ、じゃがいも」という東郷の説明を頼りに作ったのが、砂糖と醤油で煮込んだ肉じゃがだった! ……というのです。

 しかし、いくらなんでも料理長がデミグラスソースを知らないなんて、ちょっと考えにくいですよね。また、肉じゃがという名前が定着したのは東郷の時代のようですが、「牛の煮込み」「甘煮」のように牛肉を甘辛く味付けした、肉じゃがに似たような料理はもっと前の時代からありました。当時の海軍ではデミグラスソースの材料が手に入らなかったため、ビーフシチューの材料で、兵士が食べやすいような馴染みのある味付け、すなわち砂糖と醤油で作ったのが肉じゃがだった、というのが真相のようです。
引用元:カレーだけじゃない! 海軍由来の料理「肉じゃが」誕生の歴史 – ニュース|BOOKSTAND(ブックスタンド) http://bookstand.webdoku.jp/news/2014/05/08/090000.html