4月13日【喫茶店の日】

次のコーヒーチェーン店を
マイカップ持参の値引き額が
多い順に選びなさい
上島珈琲店
タリーズコーヒー
エクセルシオールカフェ

ユーシーシー上島珈琲株式会社(ユーシーシーうえしまコーヒー、英:UCC Ueshima Coffee Co.,Ltd.)は、兵庫県神戸市中央区に本社を置く、コーヒーを中心とした飲料・食品メーカー。みどり会の会員企業であり三和グループに属している[3]。

コーポレートメッセージは、“Good Coffee Smile”。

UCCグループが運営するチェーンの上島珈琲店では、全店で、マイカップやマイタンブラーを持参すると、ドリンクが50円引きとなる。
引用元:UCC上島珈琲 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/UCC%E4%B8%8A%E5%B3%B6%E7%8F%88%E7%90%B2#cite_note-1

タンブラー・マグカップをタリーズコーヒーの店舗に持参していただき、その容器を利用してドリンクをご購入されたお客さまには、資源節約へのご協力のささやかなお礼として全てのドリンクを「¥30引き」させていただいております。(*各種セット、割引チケットとの併用はできません。)

ドリンクカップの利用を軽減することで、環境への負担を軽減することが出来ます。
タリーズコーヒーでは、タンブラー・マグカップのご利用をおすすめしています。

まずは、お好きなタンブラーやマグカップを選んでみませんか。
タリーズコーヒーからおすすめのアイテムをご紹介します!
引用元:タンブラー/マグ割引|Find Your Tully’s|TULLY’S COFFEE – タリーズコーヒー https://www.tullys.co.jp/fyt/mybottle.html

いつでも20円お得!「タンブラーサービス」
マイタンブラー・マイカップをお持ち込みご利用いただくと、資源節約へのご協力の感謝として、
ドリンクを20円引きでご提供いたします。
引用元:オリジナルマグカップ|コーヒー豆・器具|エクセルシオール カフェ https://www.doutor.co.jp/exc/products/mugcup.html

スターバックスやタリーズなどコーヒーショップのレジ前に並んでいると、列の前の人がやおらマイボトルを出し、コーヒーやラテを注いでもらっている光景に出くわします。

シアトル系のコーヒーチェーン店は基本的にマイボトルに対応していて、20円(スタバ、エクセルシオール・カフェなど)ないし30円(タリーズ)を割り引いてくれます。国内チェーンの上島珈琲の場合、店舗数は少ないのですが、50円引きとかなりのお得なので職場の最寄りにあればオススメです。
引用元:スタバ「マイボトル」の人は浪費家だった エコ意識は高いが節約意識は低い | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) https://president.jp/articles/-/22872

喫茶店の日(4月13日 記念日)
1888年(明治21年)のこの日、東京・上野(下谷上野西黒門町)に日本初の本格的なコーヒー喫茶店「可否茶館(かひいさかん)」が開店した。

1階がビリヤード場、2階が喫茶室の2階建ての洋館で、1階ではビリヤードの他、トランプや囲碁、将棋などをすることができた。 珈琲(コーヒー)は、明治の文明開化に花を添えるハイカラな飲み物として、特権階級の人々の間で人気があった。「可否茶館」での値段は、もりそば1杯1銭の時代にコーヒーが1銭5厘、牛乳入りコーヒーが2銭だった。また、席料が1銭5厘もした。値段が高すぎたこともあり「可否茶館」は、3年もたずに閉店してしまった。

その後、1910年代の明治時代末から大正時代にかけて「カフェー」と呼ばれる喫茶店が全国的に普及し、日本において喫茶店ブームとなった。1950年代後半には音楽も楽しむことができる「ジャズ喫茶」「歌声喫茶」「名曲喫茶」などが流行した。このような喫茶店が登場・浸透した理由に、当時はレコードが高価で個人では購入が難しかったことが挙げられる。

1960年代から1970年代には、酒類を扱わない、純粋な喫茶店である「純喫茶」が流行した。「純喫茶」は、酒類を扱い、女給(ホステス)による接客を伴う「特殊喫茶」に対する呼び名である。店主自らがコーヒーを淹れるようなこだわりがある喫茶店が増えたのはこの頃からである。
引用元:喫茶店の日(4月13日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳 https://zatsuneta.com/archives/104132.html