いづみ【棋聖、本因坊、名人、早碁、最強】

2005年に女流囲碁棋士初の
グランドスラムを達成したのは
小林泉美である
◯(答)
49%


かつて女流囲碁の5大タイトルと
呼ばれたのは、女流本因坊
女流名人、女流棋聖、女流早碁と
2008年に終了した「女流◯◯」?
碁強
天元
棋王
最強(答)
36%
「女流最強」
引用元:女流「最強」 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%95%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab/37059/

CIMG0048DppRxQwRIQEL
日本生まれの囲碁棋士で初めて
7大タイトル全て制する
グランドスラムを達成したのは?
フルネームで答えなさい
いやまゆうた(答)
井山裕太

CIMG6107BMACpMxPBisJ
文字パネル
2010年に史上初めて女流本因坊、
女流名人、女流棋聖の女流三冠
独占を果たした、台湾出身の
女流囲碁棋士は?
謝花周青
蘭依明旻
謝依旻(答)
シェイイミン

CIMG5584
次の女流囲碁の
タイトルと初代王者の
正しい組み合わせを選びなさい
女流本因坊───本田幸子
女流名人───宮崎志摩子
女流棋聖───小林泉美 こばやしいづみ

CIMG4369 (1)
次のうち、日本で囲碁の
「女流棋戦」に実在するものを
全て選びなさい
×女流王座戦
◯女流名人戦
×女流碁聖戦
◯女流本因坊戦
◯女流棋聖戦

CIMG9304WzmyzxnLfKaR
棋士の小山竜吾を夫に持つ
元女流囲碁名人です
小山栄美
こやまてるみ(答)

エフェクト
囲碁棋士の張栩を夫に持つ女流囲碁棋士
小林泉美
こばやしいづみ(答)
引用元:大三冠「本因坊」「棋聖」「名人」 囲碁平成の四天王「張栩」「山下敬吾」「羽根直樹」「高尾紳路」 シェイイミン「謝依旻」若鯉戦初代優勝の女性棋士 本田幸子「初代女流本因坊」宮崎志摩子「初代女流名人」小林泉美(いづみ)「初代女流棋聖」 こやまてるみ「小山栄美」元女流名人 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%ef%bc%86%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/10795/

小林 泉美(こばやし いづみ、1977年(昭和52年)6月20日 – )は、日本棋院所属の囲碁の女流棋士。小林光一名誉三冠門下。東京都出身。タイトル10期。

女流棋士初の女流タイトルグランドスラム達成者。

祖父は木谷実九段、父は小林光一名誉三冠、母は小林禮子七段という囲碁一家に生まれる。弟と妹がいる。

来歴[編集]
2001年、女流棋士初の女流三大タイトル(女流棋聖・女流本因坊・女流名人)の同時二冠(棋聖以外)を成し遂げる。また三大タイトル経験者となる。

2003年に張栩と結婚。当時張栩が本因坊を、泉美が女流本因坊のタイトルを持っていたため「本因坊カップル」と呼ばれた。

2005年に女流最強戦に優勝し、女流棋士初のグランドスラム(女流五タイトル中三冠(女流名人・女流最強・女流早碁)を達成し、唯一の女流五タイトル経験者となる。またタイトル獲得数が10となり、母・禮子と並ぶ[1]。

また、2003年と2004年に2年連続で十段戦の本戦入り、NHK杯で2勝を挙げ3回戦に進出するなど、女流棋戦だけでなく、一般棋戦での実績もある。

2004年の第43期十段戦では父・小林光一九段との公式戦初対戦が実現[2]。
引用元:小林泉美 (棋士) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9E%97%E6%B3%89%E7%BE%8E_(%E6%A3%8B%E5%A3%AB)