【探偵・作家】

次の栗本薫の小説のうち
作者の分身「栗本薫」が
中心人物として登場する
小説を1つ選びなさい
行き止まりの挽歌
エーリアン殺人事件
シンデレラ症候群
ぼくらの時代(答)
夢幻戦記
魔境遊撃隊(答)
猫目石(答)
天狼星
45%

栗本 薫(くりもと かおる、1953年2月13日 – 2009年5月26日)は、日本の女性小説家、評論家。日本SF作家クラブ会員、日本推理作家協会員、日本ペンクラブ会員、日本文藝家協会員、日中文化交流協会員。

代表作は『グイン・サーガ』、『魔界水滸伝』、『伊集院大介』シリーズなど。『グイン・サーガ』は序盤が英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、韓国語に翻訳されている。

また、中島 梓(なかじま あずさ)名義で、評論活動や作詞作曲、ピアノ演奏、ミュージカルの脚本・演出なども手がけた。本名は今岡 純代、旧姓は山田。

夫は『S-Fマガジン』第6代編集長を務め、天狼プロダクションを経営する今岡清。母方の又従兄弟(祖父の姉の孫)に 梶原一明(経済評論家)がいる。父親は石川島重工業(現在はIHI)の重役をへて、石川島建機(現在はIHI建機)の社長となった実業家[1]。

経歴・作風[編集]
20代前半の1977年に群像新人文学賞評論部門を、翌1978年に江戸川乱歩賞を受賞した[10]。当時、早稲田大学に創設されたばかりの「文芸科」出身の小説家としても話題となった。同時期デビューに見延典子がいる。また、分野ごとに中島梓、栗本薫両名義を使い分け、乱歩賞受賞直後には『平凡パンチ』誌上で中島梓と栗本薫の1人2役対談が企画された。

主要作品[編集]
小説(シリーズ作品)[編集]
グイン・サーガ
豹頭の超戦士グインを主人公としたヒロイック・ファンタジー。ハヤカワ文庫より刊行(1979年 – )。当初は100巻での完結が予定されていた。これを越え、正伝130巻・外伝21巻が刊行されたが、著者が死去したため未完となった。
詳細は「グイン・サーガ」を参照

魔界水滸伝
クトゥルー神話を題材として、地球を侵略せんとするクトゥルーの神々と、それを迎え撃つ日本を中心とした地球古来の神々、そして人類との三つ巴の戦いを描いた伝奇SF。カドカワノベルズより刊行。のちに角川文庫。さらにのちにハルキ文庫(正伝のみ)。正伝全20巻(1981年 – 1991年)、外伝『白銀の神話』全4巻(1991年 – 1993年)。
詳細は「魔界水滸伝」を参照

新・魔界水滸伝
『魔界水滸伝』から5000年後の銀河を舞台とした続編。機械文明の第一銀河帝国と、精神文明の第二銀河帝国との戦いを描く。角川文庫より刊行(1995年 – )。4巻まで刊行されたが、未完成作品となる。
詳細は「新・魔界水滸伝」を参照

伊集院大介シリーズ
ひょろりとした長身、銀縁眼鏡の名探偵・伊集院大介を主人公としたミステリ長編24作、短編集4冊が刊行されている。他、それらに未収録の短編がいくつか存在する。講談社よりハードカバー、もしくはソフトカバーにて刊行。のちに講談社文庫。一部は講談社ノベルスや角川文庫でも刊行されている。
また、シリーズ内シリーズとして、伊集院大介の宿敵シリウスとの闘いを描いた『天狼星』シリーズ5作品がある。
詳細は「伊集院大介」を参照

ぼくらシリーズ
作者と同名の青年の栗本薫を主人公とした青春ミステリ。長編3作が刊行されている。ほか、スピンオフ作品として、長編2作といくつかの短編がある。また、伊集院大介シリーズと舞台を同じくしているため、いくつかの作品で、栗本薫と伊集院大介との共演が果たされている。講談社よりハードカバーにて刊行。のちに講談社文庫。一部は新風舎文庫からも刊行されている。
詳細は「栗本薫 (探偵)」を参照

夢幻戦記
新選組の沖田総司を主人公とした伝奇SF。沖田総司は全宇宙の運命を握る夢幻公子の転生した姿であった、という設定で描かれる。ハルキ・ノベルスより刊行。15巻まで刊行されている。
詳細は「夢幻戦記」を参照
引用元:栗本薫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E6%9C%AC%E8%96%AB

栗本 薫(くりもと かおる)は、栗本薫の推理小説「ぼくらシリーズ」などに登場する架空の探偵、小説家。

作者と同姓同名のキャラクターであるが、作者の栗本は女性であるのに対し、この作中人物は男性である。

登場作品[編集]
長編[編集]
ぼくらシリーズ[編集]
ぼくらの時代
講談社 1978年9月12日発行 / ISBN 4-06-130581-6
講談社文庫 1980年9月15日発行 / ISBN 4-06-136177-5
新風舎文庫 2005年4月5日発行 / ISBN 4-7974-9602-9
講談社文庫(新装版) 2007年12月14日発行 / ISBN 978-4-06-275933-5
江戸川乱歩賞全集(12)ぼくらの時代 猿丸幻視行 (講談社文庫) 2001年9月14日発行/ ISBN 978-4-06-273268-0
ぼくらの気持
講談社 1979年6月30日発行 / ISBN 4-06-130623-5
講談社文庫 1981年8月15日発行 / ISBN 4-06-136209-7
ぼくらの世界
講談社 1984年10月8日発行 / ISBN 4-06-201541-2
講談社文庫 1987年10月15日発行 / ISBN 4-06-184083-5
その他[編集]
魔境遊撃隊 第一部
角川文庫 1984年8月25日発行 / ISBN 4-04-150005-2
ハルキ文庫 1998年8月18日発行 / ISBN 4-89456-425-4
魔境遊撃隊 第二部
角川文庫 1984年9月25日発行 / ISBN 4-04-150006-0
ハルキ文庫 1998年8月18日発行 / ISBN 4-89456-434-3
猫目石
講談社ノベルス 1984年11月5日発行 / ISBN 4-06-181150-9(上)ISBN 4-06-181151-7(下)
講談社文庫 1987年7月15日発行 / ISBN 4-06-184017-7(上)ISBN 4-06-184018-5(下)
角川文庫 1997年10月25日発行 / ISBN 4-04-150054-0(上)ISBN 4-04-150055-9(下)
怒りをこめてふりかえれ
講談社 1996年5月20日発行 / ISBN 4-06-208081-8
講談社ノベルス 1998年5月5日発行 / ISBN 4-06-182024-9
講談社文庫 1999年4月15日発行 / ISBN 4-06-264552-1
引用元:栗本薫 (探偵) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A0%97%E6%9C%AC%E8%96%AB_(%E6%8E%A2%E5%81%B5)

新装版 ぼくらの時代
講談社文庫
シンソウバンブクラノジダイ
著:栗本 薫

栗本薫は22歳、某マンモス私大の3年生。アルバイト先のTV局内で発生した女子高生連続殺人事件を、ロック・バンド仲間の信とヤスヒコと解決しようと挑む――。当時の若者たちの感覚や思考を背景に、凝った構成と若々しい文体によって、シラケ世代とミーハー族の心の断面をえぐった江戸川乱歩賞受賞作。(講談社文庫)

1978年第24回江戸川乱歩賞受賞作品!栗本薫は某マンモス私大の3年生。バイト先のKTV局内で発生した女子高生連続殺人事件を、ロック・バンド仲間の信とヤスヒコとで解決しようとするのだが……
引用元:『新装版 ぼくらの時代』(栗本 薫):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000204647

魔境遊撃隊 第1部
ぼくこと栗本薫は、作家になってまだ四年目。ミステリーや伝奇小説を書いたりしているのだけれど、決して、行動派のタイプの作家じゃなかった。ところが、ある友人の紹介から、いつのまにか探検隊の一員にされてしまったのだ。行き先は南太平洋の巨石遺跡のあるセント・ジョゼフ島。恐竜目撃の話やら、超古代文明の謎やら、とにかく何かがおきようとしているのだ・・・。冒険と怪奇、驚愕と戦慄の不思議ワールドの第一部!
引用元:魔境遊撃隊 第1部 – 株式会社 角川春樹事務所 http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=1903

猫目石(上)
著者 栗本 薫
名探偵・伊集院大介と作家・栗本薫が、推理の競演
SF作家にして名探偵の栗本薫クンは逗留先の軽井沢で、女流作家・藤波武子女史からアイドル歌手・朝吹麻衣子を紹介され、すっかり心を奪われてしまう。その夜から藤波女史の別荘に泊ることになった薫クンは、麻衣子の周りで起こる連続殺人事件に巻き込まれてゆく。そして伊集院大介が登場し、独自の調査に乗り出した! 栗本薫との二大名探偵夢の競演!!
引用元:猫目石(上) 栗本 薫:文庫(電子版) | KADOKAWA https://www.kadokawa.co.jp/product/301301000530/