『ドウエル教授の首』

代表作に『両棲人間』などがある
「ロシアのジュール・ヴェルヌ」
と呼ばれるSF作家は?
エフレーモフ

ベリャーエフ(答)
ボグダーノフ
ルキヤネンコ
52%

アレクサンドル・ロマノヴィチ・ベリャーエフ(Алекса́ндр Рома́нович Беля́ев、ラテン翻字例:Aleksandr Romanovich Belyayev、1884年3月16日/ユリウス暦3月4日 – 1942年1月6日)は、ロシアのSF作家。ロシア初の専業SF作家であり[1]、「ソ連のヴェルヌ」と呼ばれる[2]。

全身不随の体験を活かして書かれた『ドウエル教授の首』、生物を改造する科学を描いた『両棲人間』(1928)、発明と冒険の連作短編『ワグナー教授シリーズ』など、彼の作品群は一般読者の人気を博した。しかし当時のソ連の体制においては、批評家から荒唐無稽・非科学的だとされ良い扱いは受けなかった。生涯健康にも経済状況にも恵まれなかったが、死ぬ間際まで数多くの作品(長編は20ほど、短編は40ほど[4])を執筆した。作品の大半は雑誌掲載のみで、単行本としての刊行はなされていない。[1][2]

また国外のSF作品を数多くロシア語に翻訳し紹介した。

ベリャーエフはその著作に於いてA・ロム(А.Ром)と云うペンネームも使用した[3]。
引用元:アレクサンドル・ベリャーエフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95

イルカに乗った少年
青い鳥文庫
イルカニノッタショウネン
著:ベリャーエフ 訳:木村 浩 装丁:久住 和代

海にも陸にもすめる人間が作られていた…。イルカとたわむれ、大海をのびのびと泳ぎまわる少年。だが、いつのまにか魔手がしのびよる…。恋を知り、真の人間の心を知った少年は、一人さびしく去っていく。
引用元:『イルカに乗った少年』(ベリャーエフ,木村 浩,久住 和代):講談社青い鳥文庫|講談社BOOK倶楽部 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000145166

ドウエルキョウジュノクビ

ドウエル教授の首
アレクサンドル・ベリャーエフ
原卓也 訳

パリのケルン教授の助手に雇われたマリイは、実験室内の恐ろしい秘密を目の当たりにする。人間の首──それも胴体から切り離された生首が、瞬きしながらじっとこちらを見つめているではないか! それはつい最近死亡した、高名な外科医ドウエル教授の首だった。おりしもパリ市内では不可解な事件が続発していた……。“ロシアのジュール・ヴェルヌ”と呼ばれる著者の傑作長編。訳者あとがき=原卓也

アレクサンドル・ベリャーエフ
1884年ロシア生まれ。幼稚園の教師、図書館司書などの職を転々とし、1925年からSFを執筆。晩年にいたるまで20作余りの長編、40作以上の短編を発表した。1942年没。作品が評価されたのは死後のことである。科学技術にのっとったアイデアと豊かな物語性を兼ね備えた作風で、ロシアSF史上もっとも傑出した作家と位置づけられ、“ロシアSF界のジュール・ヴェルヌ”との呼び声も高い。『ドウエル教授の首』『両棲人間』『無への跳躍』『人工衛星ケーツ』などが翻訳されている。
引用元:ドウエル教授の首 – アレクサンドル・ベリャーエフ/原卓也 訳|東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488634018

ベリャーエフ
べりゃーえふ
Александр Романович Беляев Aleksandr Romanovich Belyaev
(1884―1942)

ソ連のSF作家。幼稚園の教師や図書館の司書などの職業を経て1925年、処女長編『ドウェル教授の首』を発表、以後文筆活動を続ける。この作品や3年後の『両棲(りょうせい)人間』などは、生体実験や臓器移植手術、あるいは人間の生物学的改良をテーマにした代表作。『無への跳躍』(1933)や『人工衛星ケーツ』(1939)などは宇宙旅行をテーマにした代表作。非凡な着想が多々みられる反面、政治体制からくるイデオロギーの古めかしさが混在している。生前50点余の作品を書いたが不遇で、50年代後期からソ連でも再評価され、ソ連SFの父といわれてきた。[厚木 淳]
『袋一平訳『無への跳躍』(『世界SF全集8』所収・1969・早川書房) ▽飯田規和訳『両棲人間』(『少年少女世界SF文学全集8』1971・あかね書房)』
引用元:ベリャーエフとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%95-130357

アレクサンドル・ベリャーエフ 作
「両棲人間」

Александр Беляев
Человек-Амфибия
細江版翻訳 はじめに
2003.11.6
 A.ベリャーエフの作品の著作権は、死後50年を経過したため、オリジナルのロシア語版がウェブ上で公開されています。
 ただし他言語に翻訳されたものについては別に翻訳著作権が発生しますので、同様には扱えません。
 つまり、無断で英語版や日本語版を公開したり、英語版を再翻訳して公開しては、いけないということです。  そこで私、細江ひろみ(Hosoe Hiromi)は、ロシア語版からの翻訳を試みることにいたしました。
引用元:このごろ堂:両棲人間 http://www.game-writer.com/konogoro_p/hiromi/amp/trans/trans00.html

レビューの数とタイトルからB級マイナーな作品と思われるかもしれませんが、ロシア本国ではとんでもない観客動員数叩き出した超メジャー作品です。
どこまで書いたらネタバレになってしまうかの判断が難しいのですが、簡単に言えば水陸両用の人造人間の青年が美しい人間の娘に恋するお話。
青年は父親によって人造人間にされてししまうのですが、そこにはある理由が…
娘は父親の借金のせいで、好きでもない男と婚約させられてしまうといった境遇。
水中撮影のシーンは本当に美しく、これだけでも観る価値あり。
引用元:両棲人間 – 映画情報・レビュー・評価・あらすじ | Filmarks映画 https://filmarks.com/movies/35940

イワン・アントーノヴィチ・エフレーモフ(露:Иван Антонович Ефремов;ラテン翻字例:Ivan Antonovich Efremov、1907年4月22日 – 1972年10月5日)は、ロシア(ソ連)のSF作家である。古生物学者から転身した作家で、代表作としては共産主義社会の未来を肯定的に扱った長編『アンドロメダ星雲(英語版、ロシア語版)』などがある。
引用元:イワン・エフレーモフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A2%E3%83%95

アレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・ボグダーノフ(ロシア語:Александр Александрович Богдановアリクサーンドル・アリクサーンドラヴィチュ・バグダーナフ、1873年8月22日(ユリウス暦:8月10日)ソコウカ – 1928年4月7日 モスクワ)はロシアの内科医・哲学者・経済学者・SF作家・革命家。本名はアレクサンドル・アレクサンドロヴィチ・マリノフスキー(Малиновский)といい、民族的にはベラルーシ人である。普遍的なシステム理論から輸血による回春までと、幅広い科学的関心をもっていた。現代ロシアの同姓同名のテノール歌手は別人である。
引用元:アレクサンドル・ボグダーノフ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%82%B0%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%95

セルゲイ・ルキヤネンコ(Сергей Васильевич Лукьяненко, 1968年4月11日 – )は、ロシアのSF作家。カザフスタン生まれ。

1999年、『ナイト・ウォッチ』でロシアのSF大賞である「遍歴者賞」を受賞。2004年に映画化もされた。 日本通で、作品には日本人や日本製品が頻繁に登場する。『未調理のフグ』のように日ロの領土問題を混ぜっ返した風刺劇も書いている。

日本語訳された作品[編集]
『未調理のフグ』(S-Fマガジン、1998年8月号)ロシア全土が日本に“返還”されてしまった世界を舞台にした風刺劇
引用元:セルゲイ・ルキヤネンコ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%AD%E3%83%A4%E3%83%8D%E3%83%B3%E3%82%B3