【井田ラボラトリーズ】

プチプラコスメで人気の
日本のコスメブランド
CANMAKE(答)
24%

CANMAKEキャンメイク
キャンメイクについて
キャンメイク(CANMAKE)は、日本のコスメブランド。井田ラボラトリーズが展開している。

ブランドコンセプトは「かわいく、たのしく、輝きたい!」。“いつだってかわいいが大好き!でも、みんなと一緒じゃつまらない!”という女の子のニーズに合わせて、リーズナブルなプライスで高品質なコスメを提案。デザインもかわいいものが多く、花モチーフのチークやチューブタイプのアイシャドウなどを発売。旬のカラーを提供し“こうあったらいいのに!”という女性のニーズを叶える商品づくりを目指している。

現在は、ファンデーション・化粧下地などのベースメイク、チーク、アイシャドウ・マスカラなどのアイメイク、口紅・グロスなどのリップ、ネイル、ブラシ・アイラッシュカーラーなどのアクセサリーなど、幅広いアイテムを展開している。いずれも1,000円以下のロープライスで、“プチプラコスメ”の代表として、10代、20代を中心とした若い女性たちに支持されている。

“プチプラコスメ”ながら、美容雑誌などのビューティーアワードを数々受賞。ムースみたいなふんわり質感の「クリームチーク」や、ジャムのような質感のリップ「リップティントジャム」、ジェルタイプシャドウ「ジュエルスターアイズ」、洗顔料のみで洗い流せる「マシュマロフィニッシュパウダー」などが、ベストコスメプチプラ部門で受賞している。
引用元:キャンメイク : CANMAKE – ファッションプレス https://www.fashion-press.net/brands/4810

長年培ったノウハウで「売れる店舗づくり」をサポート
わたしたちIDAグループは創業以来100年の長きにわたり、化粧品・装粧品の卸業務を基軸に、自社製品の製造、化粧品の輸出入、直営小売販売と、化粧品・装粧品業界において製造から販売までその中心となる役割を担ってまいりました。

製造から販売までをワンストップで提供できる体制は、マーケットの動向を敏感にキャッチし消費者の方に広く支持される製品を供給できるだけでなく、時代とともに移り変わる流通システムの変化への素早い対応を可能にしています。

これまで培った販売ノウハウは、百貨店、GMS、ドラッグストアやバラエティショップといった従来型店舗から、更に変化をつづける新しい販売形態においても、「売れる店舗づくり」をサポートしています。

広く長く支持される製品づくり
社長
製造分野においては1960年代より、いち早く自社ブランドを展開してまいりました。とりわけセザンヌ化粧品に関しては50年以上にわたり支持をいただき、母から娘(こ)へと引き継がれるロングセラー商品として、幅広い世代に浸透しています。消費者の方に対して、美の追求ということのみにとどまらず、安心して母・娘(こ)そしてお孫さんへと使っていただけるような、ライフスタイルそのものを提供できるブランドづくりをしていきたいと願っています。

また、キャンメイクのように流行に敏感な若年層に対しても受け入れられるブランド、アイテムを展開。モデルやメイクアップアーティストとコラボ展開するなど、単なる化粧品製造ではなく、カルチャーの発信源としての役割を担っていきたいと思っています。
引用元:社長あいさつ:企業概念 | IDAグループ コーポレートサイト http://www.idagroup.co.jp/philosophy/greeting.html

かん‐まけ【寒負】

〘名〙 寒さを恐れること。寒中の寒さに負けて、体の弱ること。さむさまけ。
※談義本・万世百物語(1751)三「いまは寒(カン)まけの名にたててはなさきのひへかえるつらさ」
引用元:寒負(かんまけ)とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%AF%92%E8%B2%A0-2026467